2019年韓国の桜開花予想発表~ソウルや釜山ではいつ咲く?
 2019/02/21 改:2019/02/21 吉村剛史(トム・ハングル)

2019年春、桜の咲く季節がまもなくやってきます。韓国でも近年は桜の花見が一般的なものになってきました。桜が咲く時期に合わせて韓国旅行を計画していらっしゃる方もいるのではないかと思います。

韓国でも桜の開花予想が発表されます。実際に韓国でお花見を計画されている方のために、韓国(ソウル・釜山・地方)の桜の開花予想の情報と、韓国のお花見はどういったものなのか、をお伝えしたいと思います。

2019年の韓国の桜開花時期はいつ?

2月も下旬に突入し、韓国の気象情報会社各社から桜の開花予想日が発表になっています。少しずつズレがありますが、どの会社も大体同じ予想を出してきます。一般的に桜が満開になるのは開花日から約1週間ということなので、それを目安に渡航するとよいのではないでしょうか。

韓国の気象会社GBM153ウェザー(153웨더)は、2月20日に他社に先駆けて桜の開花予想を発表しました。同社の発表によると、今年は平年より3~4日早く、去年と同じくらいか南部地方では1~3日早いとのこと。

済州島では3月22日、釜山では3月23日、光州では3月27日、ソウルでは4月4日に開花すると発表されています。情報元:GBM153ウェザー(2/20)

そしてkweatherでは2月21日に桜の開花予想を発表しました。済州島では3月21日、釜山では3月24日、光州では3月28日、ソウルでは4月3日と発表されています。情報元:kweather


[韓国の桜開花予想2019年]

「韓国の春の花」は桜ではない!?

観光客のなかには韓国の桜の時期に訪れて、桜の花を愉しもうとする方もいるかと思います。もちろんそれはそれでよいことですが、韓国における春の花の代表的な存在は、桜ではなくツツジやレンギョウなのです。

ツツジの花見は朝鮮時代の宮中でも行われており、野山でツツジの花をお餅にして食べる「花煎(화전、ファジョン)」というものがありました。またレンギョウは今も街中あちこちで眺めることができます。

※これらは筆者が「海外ZINE」に寄稿した記事にて解説していますので、関心がある方はぜひご覧ください。

韓国の花見は淡紫のツツジと鮮黄のレンギョウ、最近では桜も人気

春の花はツツジやレンギョウとはいえ近年、韓国では桜が大人気!

ツツジやレンギョウが春の花の代表格とはいえ、韓国では桜が大人気です。

ショッピングモールには桜の装飾がされたり、韓国のスターバックスでは「チェリーブロッサム」のタンブラーが発売されたりと、かなり人気が高まっています。


[韓国スタバのチェリーブロッサム(2018年春)]

コンビニでは桜のスナック菓子やドリンクが販売されたりもします。確かに可愛いものがとても多いのですが、日本人が一般的にもつ桜への感性と、何か異なっているように思えてきたりもします。

過去の桜開花予想もチェック!

韓国で桜が咲く時期は、温暖化の影響もあってか、年々少しずつ早まっています。気象会社から桜の開花予想が発表されても、天気の崩れがあったり、場所による日当たり状況が左右したりと正確ではありません。

そんなこともあり、桜が咲く時期にぴったり韓国にいられるかは、運も大きく左右するということです。とはいえその精度を高めるためにも過去の桜の咲く時期から推測するのも悪くはないでしょう。

ソウルの桜の名所は、汝矣島(ヨイド)~他にはどんなところがある?

ソウルの桜で最も有名な場所といえば、ソウル・汝矣島。ソウルの証券街でもあり、政治の中心地でもあるのですが、国会議事堂のまわりには桜が咲くことで有名です。

汝矣島の漢江公園にお弁当をもっていき、ピクニック気分で過ごすというのも心地よいのでおすすめです。ぜひ韓国の春を満喫してみてください。

※ソウルの桜の名所、汝矣島(ヨイド)はどんなところ?詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ビジネス街から余暇を過ごす場へ~汝矣島(ヨイド)の観光とその楽しみ方

また汝矣島の他にもソウルには桜の名所があります。以下のページもご覧ください。

ソウルで桜が楽しめる名所4選+α~汝矣島や江南、そして郊外も

近年、人気が高まっている韓国の桜。人々が桜をめでる様子を観察してみると、日本の桜の楽しみ方と何かが異なります。そんな違いも見出しながら韓国で桜のお花見を楽しんでいただけたらと思います。




  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ