2018年韓国の桜開花予想~ソウル・釜山はもちろん江陵も名所あり
 2018/01/04 吉村剛史(トム・ハングル)

2018年の花見シーズンもまもなくやってきます。韓国で桜の時期に旅したい人にとっては開花状況が気になることでしょう。近年、温暖化のためか開花日が早まる傾向にあり、予測が難しくなっています。

韓国気象庁は2015年を最後に桜の開花予想を取りやめ、現在は民間気象会社による予報が発表されるのみです。2018年の予想が発表されるまでは、過去の情報から推測して判断していただければと思います。

韓国の花見スポットは?

韓国で最も有名な花見スポットといえば、ソウル・汝矣島(ヨイド)です。地方で最も有名なのは、釜山からバスで約1時間ほどの「鎮海(チネ)」という場所で、日本統治時代の建物が残っていることでも知られています。

慶州では4月7日(日)に読売新聞社主催のさくらマラソンが行われるほか、オリンピック開催地の江陵では鏡浦湖のまわりに桜の花が咲きます。韓国人はもちろん、桜を目当てに日本人が訪れる名所は各地にあるのです。

2018年桜の開花予想は?

冒頭で述べたように韓国でも桜の開花が年々早くなっています。桜の開花予報が発表されても、実際にはそれよりも早まることが多く、予想が非常に難しいのです。気候によっても異なりますが、韓国でも開花からおよそ1週間で満開になるといわれています。

韓国における桜の開花日を、これまでの傾向から推測すると以下の通りです。
●済州島:3月19日~23日頃
●釜山・鎮海:3月22日~3月26日頃
●慶州:3月26日~30日頃
●ソウル:4月2日~4月7日頃
※気象の専門家情報ではなく、大体この時期に開花するという情報です。

韓国の民間気象会社の開花予想が発表になり次第、このページや筆者Twitterでお知らせします。

※過去の桜の開花予想
2017年韓国の桜開花予想、桜が咲く時期はいつ?
2016年韓国の桜開花予想発表! 
2015年、韓国・桜開花情報と見どころ
2014年の韓国・桜開花予想発表



  • 記事が役に立ったらシェア!
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ


このページの先頭へ