2015年、韓国・桜開花情報と見どころ
 2015/03/12 吉村剛史(トム・ハングル)

韓国・気象庁は桜の開花予想(2015年)を発表しました。これによると南部地方を除き、平年よりも1~3日早い、という発表です。ソウル・汝矣島(ヨイド)の開花日は4月9日、と発表されています。通常約1週間ほどで満開になるので、見ごろは16日前後だと予想されます。

桜の背景に漢江のうららかな様子

続いて地方に関しては、済州島・西帰浦が3月24日、釜山が3月28日、大邱は3月31日、江陵が4月3日、大田が4月5日、水原が4月9日。という発表です。桜の名所として有名な、慶尚南道昌原市・鎮海(チネ)は3月29日、河東(ハドン)は4月1日、慶州の普門観光団地は4月6日となっています。情報元:気象庁ホームページ

2016年の桜情報はこちら⇒2016年の韓国の桜開花予想発表!(2016年3月7日公開)

昨年は予想よりもびっくりするほど早かった!

昨年(2014年)の桜の開花は、予想よりも大きく早まる結果となりました。ソウルは4月8日開花、と予想されていましたが、4月3日にはすでに満開となっていたほどです。参考:2014年の桜開花の記事

2013年は、桜の名所である鎮海軍港祭がスタートする前に桜が満開になってしまう、というハプニングもありましたし、逆にソウルでは開花が遅れ、汝矣島桜祭りが延長される、ということもありました。やはり天候に左右されるので、正確な予測というのはなかなか難しいのでしょう。

韓国人たちは桜をどう思っているの?

桜は日本を象徴する花、として韓国でも知られていますが、韓国で咲いている桜は済州島原産だ、と知られているためなのかはわかりませんが、近年は起源などを気にせず、楽しんでいる人も多いようです。

ちなみに韓国の国花はムクゲ(ムグンファ)。桜とムクゲが日韓の感覚の違いとして対比されることもよくあります。夏のあいだ力強く咲くムグンファですが、私たち日本人が愛でる桜の花は、咲いてから短い期間で満開になり、すぐに散りゆく、という違いがあります。

mukuge
ムクゲ

韓国の方に「桜はきれいだけれど、そのよさがわからない」と言われたことがあります。そこで「桜は短い人生の無常さ、はかなさ」を意味している、という話もある、説明したところ、「ようやく意味が分かった」と言われたのです。

一概には言えませんが、日本ではしみじみとした美しさを好む傾向が強く、韓国では見るからに華やかと言えるものが好きな傾向にあるような気もします。プレゼントも華やかに「どーん」と見せたほうが喜ばれる、というのはそういったことにあるのかもしれません。

ソウルの桜のスポット・汝矣島(ヨイド)

ソウルの桜のスポットとして知っておきたい場所は、汝矣島の輪中路(ユンジュンノ)という川沿いの通り。ここには約1600本の桜の木があります。

汝矣島・輪中路の花見風景

汝矣島は漢江の中州の島で、63ビルや国会議事堂があります。「輪中路」という名前、実は日本語が語源なのだそう。輪中堤(りんじゅうてい)といって、洪水から守るために作られた堤防です。

実は漢江流域は、朝鮮時代洪水に悩まされたということなので、そうしたことが背景にあるはずです。

★汝矣島(ヨイド)の桜の楽しみ方
63ビルディングの展望台にに上がって、花霞のソウルを一望するのもおすすめ。桜や観光客は小さな点々にしか見えませんが、ここからみる風景もまたよいのです。そして、桜が咲く時期に花祭りも開かれます。

sakura201501

桜を見たあとは近くの鷺梁津(ノリャンジン)水産市場に移動して刺身を食べる、というコースもよいかもしれません。

<イベント情報>
汝矣島漢江花祭り
期間:2015年4月3日~13日
場所:汝矣島・輪中路(汝矣西路)
ホームページ:汝矣島漢江花祭り(韓国語)

アクセス:
ソウル地下鉄2号線堂山駅、5号線汝矣ナル駅から徒歩20分。
ソウル地下鉄9号線国会議事堂駅から徒歩5分。

慶尚南道昌原市鎮海(チネ)、そしてサクラパン

釜山方面に行かれる方は、鎮海の桜がおすすめ。釜山からバスで約1時間。軍港都市である鎮海には、34万本ともいわれる桜が咲き誇っています。ここでは毎年4月上旬、鎮海軍港祭が開かれます。

sakura201502

帝王山公園にある鎮海塔からは桜が咲いた街を見下ろせる、というのもまた魅力的です。実はその塔、日露戦争の勝利の記念に日本が建てたのですが、独立後に取り壊され、1960年代にふたたび建てられたというエピソードもあります。

ポッコパン(桜パン)といわれる桜の花を模した饅頭が売られています。広島のもみじまんじゅうにも似ていますが、仲には白餡が入っていて、とてもよくできたお菓子。お祭り会場でも購入できますのでぜひ召し上がってみてください。

sakura201503

<イベント情報>
鎮海軍港祭
期間:2015年4月1日~10日
場所:慶尚南道昌原市鎮海区
アクセス:釜山西部ターミナル(沙上駅)から市外バスで約1時間。
鎮海バスターミナル下車すぐ。
ホームページ:鎮海軍港祭(韓国語)

桜以外の花にもぜひ目を向けてみて!

韓国各地に桜のスポットはありますが、韓国では桜以外にも愛でられている花があるのです。そちらのほうもぜひ忘れないで見ていただければと思います。

春に咲く花として代表的なのが、チョウセンツツジとレンギョウ。韓国ではそれぞれチンダルレ(진달래)、ケナリ(개나리)と呼んでいます。過去の記事にも載せているのでぜひご覧ください。

こちらは「ケナリの花を見に行こう」:ソウルでレンギョウが咲く山を紹介しています。「春の花を眺めてみよう」:韓国の野に咲く花をまとめています。「2014年の韓国・桜開花予想発表」:汝矣島の花祭りのことにも触れています。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ