平昌



平昌(ピョンチャン)は江原道の中東部に位置する郡。郡の平均標高は700mを超え、Happy 700というスローガンが掲げられている。リゾート地やスキー場、牧場といった高地の特性を生かしたレジャー施設も多く、四季折々の自然が楽しめる。2018年2月には平昌冬季オリンピックが開催される。

平昌観光のみどころ

紅葉が美しい太白山脈の五台山(オデサン)や、国内初のスキー場である龍平リゾートは有名。蓬坪(ポンピョン)面は、李孝石の短編小説『そばの花咲くころ』の舞台にもなっている。二毛作で栽培されるソバやジャガイモのほか、ブランド韓牛やファンテ(干しスケトウダラ)も名産。ソバやジャガイモの花や、雪積もるなかでスケトウダラを干す風景も、平昌ならではの光景である。

平昌のバスターミナル

平昌(ピョンチャン)はバスターミナルごとに5つのエリアに分けられる。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年04月18日 改:2017年03月30日

  • 記事が気に入ったらシェア!
平昌の記事
  • 平昌の素朴なグルメ、そば料理~韓国を代表する短編小説『そばの花咲くころ』の舞台へ
  • これから大注目!?平昌オリンピックマスコット~国際大会キャラも勢ぞろい!
  • これから話題の平昌(ピョンチャン)の観光、アクセスはこれでバッチリ!
  • 平昌・ハーブナラ農園~メルヘンな世界がここに!
  • ┗「そばの花咲くころ」の舞台、平昌・蓬坪面からタクシーで10分。
  • オリンピック開催地、平昌で最高級の焼肉をリーズナブルに
  • ┗セルフ式焼肉を、オリンピックの開催地・平昌で。
  • 江原道・平昌(ピョンチャン)~そばの花とジャガイモの花
  • ┗江原道・平昌、二毛作で生産されるソバとジャガイモ

    このページの先頭へ