江陵(カンヌン)


[江陵・鏡浦台]

江陵(カンヌン)は、太白山脈の東側、韓国の東海岸に面した地域。江陵市の人口は約21万人で、江原道では原州、春川に次いで3番目に多い。毎年旧暦5月5日前後に、世界無形文化遺産の江陵端午祭りが開かれる。名勝地、関東八景のひとつ鏡浦台(キョンポデ)は、海岸の内側にあるラグーン、鏡浦湖(キョンポホ)の岸にある東屋でサントリーの焼酎「鏡月」の名前の由来となった場所である。

湖の近くには韓国の5万ウォン紙幣に描かれた朝鮮の女流書画家、申師任堂(シンサイムダン)の生家、烏竹軒(オジュッコン)や、朝鮮時代の上流階級の邸宅、船橋荘(ソンギョジャン)がある。江陵の観光エリア

江陵の地図


[江陵市街地の地図]

江陵(カンヌン)の記事一覧

砂糖の1000倍の甘さに驚き~江陵の高地で作られた甘茶・甘露茶(カムノチャ)

日本で6月の梅雨の季節に咲く花といえば、アジサイです。韓国の地方でもアジサイ祭りが開催されるところもあるのですが、韓国よりも日本でよく見かける花です。 韓国では・・・

江陵の白砂浜おしゃれビーチを散策しよう~鏡浦海岸・江門海岸・安木海岸

平昌オリンピックの開催地となった江陵(カンヌン、강릉)。東海岸に面したこの街は、夏になると海水浴客が訪れます。 2017年末、高速鉄道KTXが開通したことにより・・・

おひとりさまでも大丈夫!~江陵(カンヌン)で海と山のグルメを味わおう

2018年平昌冬季五輪の開催地、江陵(カンヌン)は、韓国東海岸にある都市。ソウルからの高速鉄道が開通したことで、アクセスも以前よりは容易になり、1時間台で行ける・・・



江陵の観光は駅と湖のほとりを歩こう~歴史と伝統が現代にも息づく街

江陵(カンヌン)は、韓国の東海岸に位置する人口約21万人の都市。韓国を代表する芸術家や儒学者を輩出し、朝鮮時代からの邸宅が残る歴史ある街です。近年では平昌五輪の・・・

平昌五輪開催迫る!平昌・江陵へのアクセス方法は?駅からの移動もチェック!

平昌オリンピック・パラリンピックの観戦に訪れる方のなかには、「初めて韓国を訪れる」という方もいらっしゃるはず。仁川空港やソウル市内から平昌・江陵・旌善へ訪れる場・・・

世界遺産のお祭りが共通点!?~江原道江陵市と埼玉県秩父市は姉妹都市

江陵(カンヌン)は江原道・東海岸最大の都市で、人口は約21万3000人。江原道の「江」にあたり、朝鮮時代の歴史的建造物が残る町。南北に連なる海岸線には海水浴場が・・・

江陵から海列車で行ける東海市のイカ漁港、墨湖(ムコ)港

[東海市周辺の地図] ●東海市・墨湖(ムコ)駅 海列車には正東津駅~三陟駅間の全線に乗車するのもよいのですが、「中間にある駅も見てみませんか?」というのが今回の・・・

束草・江陵に行くなら立ち寄るべき、「襄陽(ヤンヤン)」の逸品グルメ!

韓国・江原道のなかで、多くの観光客が訪れる人気都市といえば、どこの名前を挙げるでしょうか?ドラマ・四季シリーズのロケ地で有名になった春川や束草、あるいは平昌五輪・・・

江原道・江陵(カンヌン)の300番バス旅行~白馬の王子様はいなくても大丈夫!

江原道公式ブログ、第1回目の記事では、江原道東海岸に続く「刺身街道」について書き、「江原道の東海岸6市郡を、南北に旅してみること」を提唱しました。そこで今回は、・・・

江原道(カンウォンド)海沿いの「刺身街道」を行く!~韓国の東海岸

江原道・東海岸に面しているのは、高城郡、束草市、襄陽郡、江陵市、東海市、三陟市の6市郡。これらの地域をつなぐのが「7番国道」の存在です。 ●江原道東海岸を南北に・・・




このページの先頭へ