ソウル駅・市庁



ソウル駅(ソウルヨッ、서울역)は、ソウルの玄関口で、空港鉄道A'REXのほか、地方へのアクセスが可能なKORAIL京釜線、京義線や、ソウル地下鉄1号線、4号線が通る駅。ロッテマート、ロッテアウトレットモールが駅に隣接しており、観光客のショッピングスポットにもなっている。駅前には旧駅舎を利用した複合空間「文化の駅ソウル284」や、バスターミナルがある。空港鉄道側の出口は、通称西部駅(ソブヨッ、서부역)という。南大門市場やソウル市庁までは徒歩圏内。
ソウル駅に到着してから
コインロッカー

ソウル駅2階(鉄道乗り場)には、コインロッカーが複数ある。1日当たり2,000ウォンで使用可能。指紋認証式で日本語にも対応している。

チムジルバン

seoulst123

空港鉄道側の駅、西部駅から徒歩7、8分のところに「シロアムサウナ」がある。地下1階から地上5階まであり、チムジルバン利用時10,000ウォン、夜間15,000ウォンである。シロアムサウナ(日本語)

ソウル駅で鉄道に乗り換える!

ソウル駅からは水原、大田、釜山方面への京釜線、高速鉄道KTXが始発となる。窓口または自動券売機でチケットを購入し、ホームへ入る。改札はないが、混雑を避けるために15分前の案内放送を聞いてからホームに入ろう。全羅道方面へのアクセスは地下鉄1号線に乗車し、龍山駅での乗り換えが便利。駅西側裏手には京義線乗り場があり、一山、坡州方面へ行ける。きっぷの購入は地下鉄同様。

ソウル駅、弁当コーナー

seoul215

ソウル駅コンコースでは、2013年夏ごろから駅弁が販売されるようになり、列車のなかに弁当箱を持ち込んで食事ができる。値段は4,500ウォン~10,000ウォン程度。日本の弁当チェーン「ほっともっと」も出店。弁当のことは韓国語で「トシラッ(도시락)」という。韓国では海苔巻き以外の冷たいご飯を食べること自体がこれまで浸透しなかったが、2016年ごろからは単身者向けにコンビニ弁当が売れているようだ。ソウル駅で駅弁(当ブログ記事)ほっともっと ソウル駅(韓国語)

ソウル駅から地下鉄へ乗換

ソウル駅は地下鉄1号線、4号線が乗り入れている。駅名は「ソウル」ではなく「ソウル駅」。駅東側(バス乗換場がある方)に地下鉄の出入口がある。空港鉄道からの地下鉄乗り換えは地下の連絡通路を通って移動する。以前はソウル駅構内を通り、地上に出てから乗り換えなくてはならなかったが、2015年3月に通路が完成し、比較的便利に乗り換えられるようになった。

帰国する前に
ソウル駅 買い物・おみやげ

●ロッテマート/ロッテアウトレット
ソウル駅の隣にはロッテマートがあり、夜24時まで営業。観光客にとってはお土産スポットとなっており、日本語が話せる店員もいる。空港鉄道を利用する場合、最終日に買い物を済ませてから空港に向かうことができるので便利である。ロッテアウトレットは韓国、海外のブランドが入店。手ごろな価格のお店が多い。ロッテモール ソウル駅店(韓国語)/ロッテアウトレット ソウル駅店(韓国語)

ソウル駅でチェックイン!

seoulst256

ソウル駅空港鉄道地下、直通列車改札口の階にはチェックインカウンターがある。仁川空港発の大韓航空、アシアナ航空、済州航空、中国南方航空(コードシェア不可)に搭乗で、空港鉄道の直通列車に乗車する場合、ソウル駅にてチェックイン&出国審査を済ますことができる。出発の3時間前まで受付。朝、スーツケースを預けてから観光することも可能だ。その後、飛行機に持ち込めない液体物の購入は注意。都心空港ターミナル 空港鉄道A’REX(日本語)

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年06月05日 改:2016年11月11日

  • 記事が気に入ったらシェア!
ソウル駅・市庁の記事
  • 晋州会館(チンジュフェグァン)のコングクス
  • ┗南大門市場、ソウル駅からも近い、夏にさっぱりコングクスの名店。

    このページの先頭へ