南大門市場



南大門市場(ナンデムンシジャン)は、韓国の国宝第1号である崇礼門(スンネムン)、通称・南大門を中心に形成された市場。数多くの店がひしめき合い、外国人観光客に人気が高い観光市場である。取り扱われている品物も多様で、おみやげ品や衣類、高麗人参、輸入品、ペット用品など数多く集まる。市場のなかの通りには屋台や露天商も多く、韓国の市場らしい姿を感じることができる。明洞(ミョンドン)にも隣接しており、続けてショッピングを楽しめる。
南大門市場の周辺

南大門市場は会賢(フェヒョン)駅が最寄り。南大門(崇礼門)は、ソウル駅と市庁駅の間に位置しているため、どちらかの駅から徒歩で訪れてもよいだろう。明洞と隣接しているため、明洞のメインストリート、新世界百貨店へは徒歩でも観光できる。市庁前の徳寿宮(トクスグン)は、都会のなかのオアシス、といった雰囲気で、買い物の途中に訪れてもよいだろう。ソウル駅明洞

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年03月02日 改:2016年09月02日

  • 記事が気に入ったらシェア!
南大門市場の記事
  • 晋州会館(チンジュフェグァン)のコングクス
  • ┗南大門市場、ソウル駅からも近い、夏にさっぱりコングクスの名店。
  • ソウル・南大門、ついに復元!
  • ┗2008年、放火で消失した南大門(崇禮門)が2013年春復元!

    このページの先頭へ