ソウル・南大門、ついに復元! | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

ソウル・南大門、ついに復元!
 2013/05/09 改:2016/09/02 吉村剛史(トム・ハングル)

2008年、放火により消失した韓国の国宝1号で、南大門とよばれる「崇禮門(スンネムン)」。先週末にやっと復元され、ふたたび堂々とした姿を見せています。通りがかりの人たちも南大門の様子をスマートフォンのカメラにおさめ、門の前にもたくさんの人が集まっていました。門の前を走っているのはソウルシティーツアーバス。2月にスタートした「伝統市場コース」の車両です。これに乗ってソウルの市場をめぐる旅をしてみるのもよいかもしれません。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ



このページの先頭へ