ソウル・南大門、ついに復元!
 2013/05/09 改:2016/09/02 吉村剛史(トム・ハングル)

2008年、放火により消失した韓国の国宝1号で、南大門とよばれる「崇禮門(スンネムン)」。先週末にやっと復元され、ふたたび堂々とした姿を見せています。通りがかりの人たちも南大門の様子をスマートフォンのカメラにおさめ、門の前にもたくさんの人が集まっていました。門の前を走っているのはソウルシティーツアーバス。2月にスタートした「伝統市場コース」の車両です。これに乗ってソウルの市場をめぐる旅をしてみるのもよいかもしれません。


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ