2008年、放火により消失した韓国の国宝1号で、南大門とよばれる「崇禮門(スンネムン)」。先週末にやっと復元され、ふたたび堂々とした姿を見せています。通りがかりの人たちも南大門の様子をスマートフォンのカメラにおさめ、門の前にもたくさんの人が集まっていました。門の前を走っているのはソウルシティーツアーバス。2月にスタートした「伝統市場コース」の車両です。これに乗ってソウルの市場をめぐる旅をしてみるのもよいかもしれません。