韓国でSIMカード・格安プリペイドSIMを使おう! ~これでWifiいらず | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

韓国でSIMカードを使ってみよう!おすすめのプリペイドSIMは?〜これでWiFiいらず
 2016/10/10 吉村剛史(トム・ハングル)

インターネット時代の旅。スマホを片手に韓国現地にて地図アプリを利用したり、お店を検索したりと、あると便利なインターネット。むしろガイドブックすら持たないで旅をする人もおり、インターネットは欠かせないものとなりました。

日本でも外国人観光客が増え、都市部では公衆Wifiが普及してきましたが、韓国ではもっと早くから、Wifi網があちこちに張り巡らされています。しかしカギの掛かっていない無料Wifiは、実感レベルでも減少した模様です。

ちなみに2012年には、Wifiカードが登場。コンビニなどで購入後にPINコードを入力すると、公衆Wifiが時間制で利用できるようになりました。2016年の今もこのサービスを利用する人も多いことでしょう。

韓国旅行でWifiを最も安く手軽に利用するには!?~Wifiカード

しかしWifiであれば、電波の届かないところもあります。常時インターネットを使用したい、となると、1.海外パケット定額制を契約、2.モバイルルーターもしくはスマートフォンをレンタル、3.プリペイドSIMを買う、ということになるはずです。この記事では3番の「プリペイドSIM」をご紹介します。

特に近年人気を集めているのは、日本国内にいながら通販購入できるタイプのプリペイドSIMカード。韓国を訪れる数日前までに購入しておけば間に合います。

前々日や前日など、間に合いそうもない場合や、空港のカウンターのほうが安心だという方は、通販で買えるタイプのあとに紹介するプランをご検討ください

タイの周遊型SIMカードはアジアを中心に使える

Amazonなどのネット通販で販売されている、タイの大手通信会社AISのSIMカード。こちらは1,400円前後の破格で利用できるSIMカードです。設定により3G、4Gでも利用可能となっています。通信費を抑えたい方や、韓国以外の国に行く方にもおすすめです。


訂正:1,400円で、税は不要、購入はAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングから。

 
[通常・お急ぎ便 Amazon.co.jp]

楽天市場で買う
Yahoo!ショッピングで買う

注文すると、紙にはスマートフォンでの設定方法が記載されています。(機種別の動作確認は行っていないことが明記されています)。記載通りにAPNの設定をして完了すると、タイ語や英語のSMSが大量に届きますが、無視して構いません。

ブラウジングしたときにタイ語の広告が多くなりますが、通常の使用には全く問題がなく、軽く調べものをする程度なら、これ充分でしょう。ただし仕事で使うなど、確実性、安心感を求める場合は、現地空港で他のサービスを購入するのが無難かもしれません。

しかし1450円程度(お急ぎ便でも1630円)で購入できる、というのは魅力で、筆者もこれまで何度も利用しています。

●周遊型SIMカード、仁川空港でのトランジットの際にも使える!
韓国の場合には仁川空港でのトランジット(乗り継ぎ)を検討している方もいらっしゃるはず。上でご紹介したタイの周遊型のSIMでは以下の国でも使用することができるので、仁川空港での待ち時間にも使用したい方にもピッタリです。

台湾・シンガポール・インド・ラオス・香港・マレーシア・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・オーストラリア・ネパール・スリランカ、インドネシア、カタール

安さではNo.1!香港の韓国プリペイドSIMカード

最も安い韓国プリペイドSIMカードとしては、香港の会社のSIMカード。こちらは6日間使用可能。やはり4G/3G回線を3GB使用することができます。

こちらは上述のタイのSIMカードとは異なり、現地に到着してからの使用となります。夕方から使っても1日とカウントされてしまうため、7日、8日滞在する場合は上のSIMカードがよいでしょう。とはいえ5泊6日までは十分カバーできます。

しかし韓国でしか使用できないため、日本を出発したあとに入れ替える必要があります。航空機内で入れ替えておいて、現地についてから設定するとよいでしょう。設定方法は上と同じで、やはりデータローミングをONに設定し、再起動する形です。細かい設定方法は送付されてくるときの説明書きをご覧ください。

韓国ではSKテレコムの回線を使用します。金額はなんと1000円以下、890円です。安さではNo.1といえるのではないでしょうか。通常の旅行であれば、これが最安となります。

同等のSIMカードで8日間使える商品も登場しています。こちらは1250円です。

チャージして再び使えるAIRSIM(エアシム)

AIRSIMはチャージして再び使えるSIMカード。香港の会社によるもので、なんと世界100か国に対応しており、日本や韓国もその国のひとつです。これを挿入して購入すれば、韓国のみならず世界で使える画期的なSIMカードといえるでしょう。

こちらは購入パターンが2種類。AIRSIMの場合は、チャージされていないタイプが500円、10米ドルチャージされてるタイプが1,480円です(2018年10月現在)。レートによりチャージされているもののほうがお得になる場合もあります。

つまりSIMカードを買うのは初期費用にあたり、その後はチャージして繰り返し使うというもの。ただし最終使用から1年間で失効してしまうので、何度も海外に行く方はよいですが、1度限りの方は上のSIMカードを購入するとよいでしょう。

最初の設定は他のSIMカードよりも手数が多くかかります。まずiOS、AndroidともにAIRSIM公式アプリをダウンロードします。インターネット、データ通信が使える環境が必要なので、ダウンロード・購入・設定ともに日本で行っておくほうが安心です。

現地で行う場合は空港や宿泊ホテルなど無料でWifiが使える環境でないと、設定できないのでご注意を!アプリは英語や中国語で操作しますが、極端に英語アレルギーがある方や機械音痴の方でなければ大丈夫かと思います。

SIMカードを切り離したあとのカードはすぐに捨てないようにご注意!カードの裏面に書いてあるコードを入力するなどして、アプリの設定を行っていきます。

●AIRSIMのチャージ方法と値段
購入する国(韓国の国旗)を選択し、プランを選びます。最短時間のプランが「4G、1GB、24時間」で3ドル99セントです。

そのほか3日、5日、7日、9日のプランがあり、1日あたりが最も安くなるのが「4G、1GB、5日間」で、7ドル49セント。1日あたりで計算すると1ドル50セント程度となります。動画などを見ない場合は、1GBでも足りるかもしれません。

※筆者はまだ現地で使っていませんが、韓国(ソウル)では使用可能という情報があります。現地ではSKテレコムまたはKTという大手の回線のいずれかを使用することになります。※追記(2019/1/16):Twitterをご覧いただいた方から、大邱でも問題なく使えたとの情報を頂きました。

 
[10米ドルチャージ済と、チャージされてないSIMの2タイプがある]

日本で買えるおすすめのSIMカードのまとめは以下の記事をご覧ください。

日本でも買える!格安でおすすめの韓国プリペイドSIMカード~周遊型や再利用型も

日本で買えるプリペイドSIMカードはここまで。次にご紹介するのは、日本でも予約可能ですが、韓国の空港で受け取るSIMカードです。

4G/LTEの高速データ通信を無制限で利用可能なプラン

もうひとつのSIMカードは、韓国主要空港の到着ロビーのカウンターで提供される、LINK KOREA(リンクコリア)運営の韓国大手通信会社KTのサービス。

こちらは4G/LTEの高速データ通信を無制限で利用可能(通話は不可)。こちらのデータ通信無制限のSIMは、大手通信会社KTの回線を直接利用しています。

基本的にスマートフォンにSIMカードを挿入するだけで、すぐに利用できます。(前述したコンビニSIMの利用方法は、少々複雑なため後述。)。

こちら通常価格は、5日間で27,500ウォン(25ドル)、10日間で38,500ウォン(35ドル)、30日間で71,500ウォン(65ドル)です。

メリットはもちろん「データ利用定額無制限」だということ。ノートパソコンやタブレットなどを使い、写真や動画などの大量のデータを送ったりする人には安心。スマホで通常利用した場合、速度に関してはストレスを感じることなく、快適に利用できました。

スマホのデザリング機能を利用し、同行する家族や友人たちとWifiを共有するのもよいのかも。一方、デメリットは電話やSMS(ショートメッセージ)が使えないこと。

このプランでは電話ができないため、電話も利用する場合は、国際ローミング可能な携帯をもう一台、用意しておく必要があります。以前使っていたスマホがある方は、予備として持っていくとよいでしょう。

電話を一切使わない、という方は、そのままSIMカードを差し込み、快適にデータ通信を楽しむとよいでしょう。事前予約:LINKKOREA

※大量のデータ通信をする方や、現地で仕事をする方に向いています。
※以前コンビニで買えるタイプを使用した方は、事前に設定解除が必要。

追記(2018/8/21):LINK KOREA(リンクコリア)で同一のものと思われるサービスが、より低価格で利用できることがわかりました。1日用が515円、5日用が2408円、10日用が3248円で利用可能(レートにより変動するのでご注意ください。とはいえ通常料金よりは安め。これらはKKday.comのサイトからお申込みいただくことにより、予約ができます。【韓国】KT Olleh 4GプリペイドSIMカード/ネット使い放題(韓国受取)(kkday.com)

※ちなみにKKday.comのサイトで予約・購入する場合は、仁川空港からソウル市内までの、空港鉄道やリムジンバスの乗車券も一緒に購入しておくと少しだけお得になります。

●KOREA INFOのデータ通信無制限タイプは電話もできる
次にご紹介するのは「KOREA INFO」という明洞にオフィスがある会社で、その後新村に移転したようですが、以前からPocket wifiを1日5,000ウォンを割る金額で提供しており、韓国通の人のあいだでは、非常によく知られている会社です。

こちらのタイプはデータ料金無制限に加えて、通話もできるタイプのSIMカード。料金は以下の通りになっています。27,500ウォン(1~5日)、38,500ウォン(6~10日)、71,500ウォン(11~30日)です(データ料金は2019年1月現在、1か月の使用時55,000ウォンに割引されています)。

こちらは韓国の電話番号での通話、および4G/LTEでのデータ通信ができることにメリットがあります。韓国の携帯電話をレンタルすることもでき、その場合は1日1,100ウォンです。SIMカードは主要国際空港で受け取り可能です。(事前要予約):KOREAINFO

後者のタイプについては:FBページにご登録頂いている榎本尉孝様より情報頂きました。(2017/4/24追記)

電話も可能!韓国留学や長期滞在にも使えるチャージ式のSIMカード

●電話での通信もできるチャージ式のプラン(LINK KOREA)
長期滞在になると電話が必要になってきます。ビジネスなどで行ったり来たりする人には、4Gデータ通信、通話、SMSが使用できるプリペイドSIM(チャージ式)のプランがおすすめ。街中の携帯電話ショップでチャージが可能。

こちらも前述したLINK KOREAの会社のものです。120日間(実際はパスポートで滞在できる90日間のみで、料金は30,000ウォンです。しかも40,000ウォン分がチャージ済みです。その後10,000ウォン単位でチャージできます。

弘大に実店舗があるほか、そのほか空港にもカウンターがあり、ソウル駅でも受け取ることができます。同社のホームページで申し込むより、kkday.comを利用したほうがお得な金額で利用できます。2019年1月現在は2623円となっています。KT Olleh 4GプリペイドSIMカード(90日間有効)

●KOREA INFOのチャージ式プラン(電話もデータ通信も可能)
このお店ではSIM代金8,800ウォンが初期費用としてかかり、初回に30,000ウォンまたは50,000ウォンをチャージします。後にOlleh(オルレ)の店で追加チャージが可能とのこと。

有効期限が最低の30,000円チャージでも180日あるため、留学生や長期の出張、旅行滞在、行ったり来たりで電話番号を維持しておきたいの方にはよさそうです。KoreaInfo(チャージ式)

※チャージ式に関してはデータ通信1MBあたり約20ウォンの料金です。1GBあたりで計算すると20,000ウォンほどになります。データ通信をたくさん行う方は以下のような無制限のタイプを使うとよいでしょう。

※長期滞在・留学の方はこちらの記事もご覧ください。

韓国で使えるおすすめのプリペイドSIMカード~留学や長期滞在の場合はどうする?

コンビニで買えるプリペイドSIM!~EG SIM/Kt is

2016年秋、プリペイドSIMを購入したのですが、「EG SIM」の看板が最初に目にとまったので、まずはそちらを選択しました。空港やコンビニなど購入先によって、通信業者が異なる場合がありますが、基本的な登録方法は同じとみてよいでしょう。

prepaidsim12

空港の到着ロビーのカウンターやコンビニで「SIM CARD」「PREPAID SIM」という表示を探し、その店で購入します。基本的に通信量と無料通話が決められているプランです。

●EG SIMの場合
EG SIMの場合は通信量1GB、通話20分で、30日間のプランが販売されています。Dualは3万ウォン、Nanoは3万5,000ウォンです。

追記:オンライン版が販売されています。こちらはクレジットカード決済で、事前にホームページから申込をしておき、韓国の空港や営業所などでSIMカードを受け取る、というもの。事前に購入しておきたい、という方にはよいでしょう。 http://www.egsimcard.co.kr/jpn/main/index.asp

●Kt isの場合
Kt isの場合には、通信料500MBもしくは米国への通話137分で1万9,000ウォン、1GBもしくは米国への通話273分で2万9,900ウォン、Nanoの場合は3万4,900ウォンとなります。

どちらかを選択して購入することになります。追記:ひとつのカウンター・販売店では一社のみの取り扱いのため、空港内のコンビニ等を探して一社を選んでみてください。

人によって使うデータ通信量は異なりますが、ちょっとした検索やメール程度で使用する場合、2~4泊程度なら500MBでも十分ではないかと思います。

動画を見たり、大量の写真を送信したりする場合には、データ通信無制限プラン、またはPocket Wifiやルーターのレンタルをおすすめします。

SIMカードの登録方法は!?コンビニで購入可の「EG SIM」の場合

コンビニでも購入できるプリぺイドSIMの設定方法をご紹介します。

登録方法はSIMカード購入後、SIMカードを差し込み、インターネット経由で本人認証をします。その際、パスポートの写真を撮って送ることになるので、手元に準備しておきましょう。

今回は「EG SIM」での登録方法をご紹介します。基本的にいずれの会社も、基本的な設定方法は、同じと考えてよいでしょう。手持ちのパンフレットをご利用ください。)

prepaid23

準備するものは以下の通りです。
●SIMフリーのスマホ端末
●購入したSIMカード
●パスポート

♦手順1:SIMカードを差し込み、何度も再起動する
まずは、日本で使っているSIMカードを抜き、まずは、レンタルしたSIMカードをスマートフォンに差し込んで再起動します。

するとスマートフォンの上部にアンテナマークが経ちます。しかしこの時点では、データ通信が可能な状態の「3G」の表示はついていません。

「3G」の表示が出るまで、繰り返し再起動をします。通常4~5回です。「3G」の表示が出るまで、あきらめずに根気強く再起動しましょう。

prepaid2143

♦手順2:アクセスポイントの設定
次に携帯電話の本体の設定をします。Andorid携帯の場合、「APN設定」の画面を表示します。

Andorid携帯:設定⇒モバイルネットワーク⇒アクセスポイント名⇒APN設定

prepaidsim21

APN設定の画面で、「新しいAPN」を押し、「アクセスポイントの編集」の画面を表示します。

付属のパンフレットに書かれた設定にするために、入力します。「(アクセスポイントの)名前」「APN」「認証タイプ」等を入力し、「保存」を押します。

♦手順3:指定のサイトへアクセスする
手順2までの段階でデータ通信が可能になっています。パンフレットに記載された指定のサイトに移動し、本人確認を行います。

様々な約款が表示されるので、目を通したうえですべて「同意」を選びます。すると、個人情報の入力画面に移ります。

prepaidsim245

この画面で、入国日(例には数字のみが書かれていますが、「2016-10-15」のように日付)を入力しないと登録できませんでした。※仕様は変更になる場合があります。

メールアドレスを入力、パスポートをスマホの写真で撮って、ファイルをアップロードし、「次のページ」へ進みます。

なお、開通するには営業時間が決まっています。おそらくパスポートを目視で確認しているのではないかと思います。

平日であれば9:00~22:00、土日祝であれば9:00~18:00の間に登録するようにしましょう。

♦手順4:登録完了のSNSが来れば完了!
登録が完了したというSNSを受け取れば、設定完了!これで電話もデータ通信も可能になります。

プリペイドSIMで快適なスマホライフを!

プリペイドSIMを利用することで、日本での外出時と同じようにネット環境が使えます。ただし電話番号がついているタイプでも、現地番号となるので注意が必要です。

もし以前使っていたスマートフォンがあるならば、それに韓国のSIMカードを差し込んで使うのも良いかもしれません。日本で普段使っているスマートフォンは国際ローミングで待ち受け専用にするのも手です。

SIMカードを抜く場合、注意しなければならないことは紛失です。日本のSIMカードを紛失する可能性があるということです。ついうっかり、なんてことのないように大切に保管しましょう。

料金が高い!と思ったり、町中のWifiが使えれば十分!と考える方は、プリペイドWifiを利用するとよいでしょう。

韓国旅行でWifiを最も安く手軽に利用するには!?~Wifiカード

プリペイドWifiの料金は1日3,300ウォン、4日で9,900ウォンと、プリペイドSIMを使うより安価に利用できます。それぞれの旅のプランにあった手段を選択しましょう。



トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、実際に自分の目で見聞きした韓国を伝えている。海外文化を伝える『海外ZINE』(トラベロコ)の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ


  • 記事が役に立ったらシェア!




このページの先頭へ