カロスキル・新沙洞



カロスキルはソウル・江南区の新沙洞(シンサドン)の街。新沙洞駅近くから700mにわたってイチョウの美しい街路樹が続く並木道。「カロス」は漢字では「街路樹」。つまり「街路樹通り」という意味である。

カロスキルの両側にはオープンスタイルのカフェやブティック、レストランが集まっており、ハイセンスな街並みでとくに若い女性たちに人気。ソウルのおしゃれなスポットとして注目を集めている。路上では小さな小洒落たアクセサリを販売していたりもする。清楚な印象が感じられる街並みである。

カロスキルと平行する路地には小さなブティックなどが集まり「セロスキル」とよばれている。カロスキルの「カロ」は韓国語の「横」という意味と同音だが、「縦」を意味する「セロ」と掛けてこのようによばれている。新しく洗練された街並みを楽しめることから、日本人観光客のなかでもとくに若い女性に人気がある。 セロスキル

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年06月07日 改:2016年11月11日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ