カロスキルの「昼カロ」と「夜カロ」
 2016/09/25 改:2019/07/19 吉村剛史(トム・ハングル)

2016年9月24日、Instagram(インスタグラム)にアップしたソウル・新沙洞カロスキル。街路樹に日の光が当たって輝く昼のカロスキルは「昼カロ」、店や街頭のネオンで木々が光る夜のカロスキルは「夜カロ」と呼んではどうだろうか。

一方で「カロスキル(가로수)」の「カロス(가로수)」は「街路樹」、길(キル)は「道」という意味。当初は「街路樹通り」と書かれていた記事も多いが、ガイドブックにはカタカナで「カロスキル」と表記されるようになっている。もしかすると西洋風のストリートという意味でカタカナが適当だと判断されるようになったのかもしれない。

前述したとおりカロスキルは「街路樹通り」の意味なので、「新沙洞カロスキル」以外にも、全国にカロスキルがある。全羅南道の潭陽のメタコセイヤ並木道や、清州のカロスキルが地方のカロスキルの例である。

ソウルのおしゃれ街路樹通り、カロスキル~散策も買い物もカフェも!




  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ