釜山駅・草梁洞

釜山駅はソウルと釜山を結ぶKORAIL京釜線のターミナル駅で、釜山地下鉄1号線が通る。駅の東側からは釜山港旅客線ターミナルを望むほど海に近い駅である。駅の正面にあたる西側は、草梁洞(チョリャンドン)という町で、釜山の開港期から続く中華街や華僑の学校、ロシア人街、日本統治時代に建てられた洋風建築が残る。伝統市場の草梁市場のほか、飲食店や居酒屋が並ぶにぎやかな町である。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2016年09月10日 改:2016年10月07日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ