松島(ソンド)・松島海水浴場


松島(ソンド)・松島海水浴場は、釜山の繁華街・南浦洞(ナンポドン)の南側に位置する海水浴場。毎年6月1日に海開きを迎える。2016年には海上遊歩道の2016年6月には海上遊歩道の松島スカイウォークがオープン、2017年春にはロープウェイの復元が行われるなど開発が進んでいる。海水浴場から北東へ徒歩約10分のところに位置する松島ヘスピアは、海を見渡せる24時間営業のチムジルバン(サウナ)である。

松島海水浴場の歴史

松島は、松が多かったことからこの地名になったといわれる。日本統治時代に開業した韓国初の公設海水浴場で、1960年代には海水浴場を横切るロープウェイ(ケーブルカー)が建設されるなど行楽地としてにぎわっていた。2017年に再びロープウェイが建設される。

松島海水浴場へのアクセス

釜山駅または、南浦洞付近から26番バスに乗車し、松島海水浴場で下車。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2016年09月10日 改:2016年10月17日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ