原州

原州は江原道南部に位置し、西は京畿道、南は忠清南道と隣接する。ソウル・清涼里駅から中央線に乗ると、約1時間の距離である。江原道の「原」は原州の頭文字。革新都市に指定され、韓国観光公社の移転予定地でもある。原州郊外には原州空港があり、済州島への定期便が運航。

市内東部に位置する雉岳山国立公園には新羅時代の古刹があり、週末は登山客でにぎわう。朝鮮時代の江原監営の伝統文化や、朝鮮初期からのお祭りに起源を発する原州雉岳祭をあわせた江原監営祭は毎年10月に開かれる。唐辛子味噌(コチュジャン)を使った原州式のチュオタンは名物料理。また1980年代に立ち退きになった屋台が集められた室内屋台村はディープな酒飲みスポットである。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年04月29日 改:2017年06月08日

  • 記事が気に入ったらシェア!
原州の記事
  • 原州・春川で注目のベーカリー!~ラトゥリエキムガ
  • 原州室内屋台村~江原道・原州(ウォンジュ)


  • このページの先頭へ