港の通りで麗水グルメを堪能~シタビラメ刺身、ケジャン定食
 2013/05/21 改:2017/02/15 吉村剛史(トム・ハングル)

麗水(ヨス)は、麗水半島に位置している場所がら、海の幸を使った名物が多い。コリっとした触感のシタビラメの刺身や、日本統治時代に由来するといわれるハモの湯引き、カニの醤油漬けのカンジャンケジャン、ウナギやアナゴなどが有名だ。

定食を注文すれば、おかずは10品程度出てくるのは観光客にとっては魅力的。全羅南道はほかの地域に比べて濃い味で、刺激的な辛さをもつ。焼酎とともにゆっくり味わってみるとよいでしょう。

麗水旅客船ターミナルの食堂街~左水営飲食通り

麗水のメインの食堂街ともいえるのは、左水営飲食文化通り。麗水旅客船ターミナル付近の食堂街。李舜臣広場の横に位置し、ここにはモーテルなどの宿泊施設も多い。

●シタビラメの刺身
麗水(ヨス)の名物、ソデフェ(シタビラメの刺身)。刺身をマッコリで作った食酢とコチュジャンで和えて「ソデフェムチム」として食べたりします。私が食べた時は刺身が弾力というのか、コシのある食感でした。

ごはんのうえに乗せ、ごま油をかけてビビンパとして食べるのもOK。この食堂では10,000ウォン、おかず10品付です。※韓国文化雑誌「スッカラ」(2013年12月号)で「おいしかった地方料理」として紹介。

●カルチジョリム(タチウオの煮付け)
麗水(ヨス)の食堂で食べた、カルチジョリム(タチウオの煮つけ)。10,000ウォンで、こちらもおかずが10品出てきましたが、南部地方らしくなかなか刺激な辛さでした。

辛さを和らげるかのようにネギやカボチャも一緒に煮込まれています。辛いので焼酎とよく合います。全羅南道の焼酎はMaple sojuと書かれたイプセジュ(잎세주)。

麗水旅客船ターミナル近く・大成食堂(テソンシクタン)。食堂から港が近いので、ほろ酔い気分でライトアップされた夜の突山大橋を見ると、幻想的。夜の海の景色も堪能できます。

●ケジャンペッパン

鳳山ケジャン通り

記事に関連するエリア情報はこちら:全羅南道麗水


  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。31歳。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、地方にも関心が高い。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ