珍島

珍島(チンド)は、全羅南道西南部にある島で珍島郡に属している。珍島(チンド)は、毎年4~5月の春先に干潮時に海のあいだに道ができる「神秘の海割れ」が見られる。天童よしみの「珍島物語」でも歌われた場所として日本でも有名。海割れ現象は韓国版「モーゼの奇跡」とも呼ばれる。珍島郷土文化会館では毎週土曜日に珍島郷土文化会館でカンガンスルレや、珍島アリラン、南道民謡などの無料公演が開かれる。

朝鮮時代後期の画家、許維が晩年を過ごした雲林山房は景勝地にも指定されており、色とりどりの植物が美しい古宅と庭園の様子を堪能することができる。島西部にある細方落照展望台は日の入りの名所として知られている。珍島よりさらに南西にある島、鳥島(上鳥島、下鳥島)には珍島の南にある彭木港からカーフェリーが運行されている。珍島に訪れるには珍島大橋を経由する。近くの鹿津展望台からは海峡と橋の様子を眺めることができる。木浦からは約1時間所要、ソウルや釜山からも直行バスが出ているが約6時間程度所要である。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年08月10日 改:2016年07月28日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ