鎮海

鎮海(チネ)は慶尚南道・昌原(チャンウォン)にある区で、2010年までは鎮海市であった。韓国の南海岸に位置し、区内には数十万本にもおよぶ桜の木があり、春になると満開の桜が咲き誇る。韓国屈指の桜の名所として有名な街である。鎮海は日露戦争後から日本海軍の軍港になり、開放後にも韓国軍の軍港として使用された。この地域には今もなお当時の日本家屋が点在している。また4月に開かれる桜祭りは、鎮海軍港祭(チネグナンジェ)という。帝皇山公園は高台になっていて365段の階段を上ると、展望台があり市内や軍港を一望できる。釜山西部ターミナルからはバスで約1時間で行くことができる。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年07月09日 改:2014年07月09日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ