韓国の空港でのPCR検査一覧・費用・料金

    韓国では2022年9月時点で、入国時のPCR検査の制度を維持しています(2022年9月14日現在)。

    ワクチンを3回接種していない場合は、依然として出国前に取得した陰性証明書を求められます。

    3回接種した場合は入国時に陰性証明書は求められませんが、入国から1日以内(入国翌日の23時59分まで)にPCR検査を受ける必要があります。その結果が出るまでは宿泊先にとどまる必要があります。参考:韓国入国後のPCR検査、3日以内から1日以内へ変更(韓国観光公社、2022/07/15)

    市内へと急いで移動する方以外は、到着時に空港でPCR検査を行うのが便利だといえます。このページでは韓国の空港でのPCR検査についてお伝えすることで、韓国旅行に役立てていただければと思います。※情報はできる限りアップデートするように心がけますが、参考程度に利用していただくことをおすすめします。)

    仁川空港でのPCR検査について

    仁川空港内にはPCR検査センターが第1ターミナル、第2ターミナルそれぞれ2か所ずつあります。第1ターミナルは交通センター(空港鉄道乗り場)側に2か所、第2ターミナルは地下1階に2か所あります。

    検査料金は内国人、外国人一律8,000ウォン(日本円で8000円強)です。詳しくは仁川空港ホームページをご覧ください。

    ホームページ:COVID-19 Free Airport(仁川空港ホームページ・英語)
    予約:仁川空港PCR検査(予約)

    金浦空港でのPCR検査(2022/9/14追記)

    金浦空港には2022年9月に入り、PCR検査センターがオープンしました。それまでは仁川空港にはPCR検査センターがありましたが、金浦空港にはなかったため、ソウル市内で受ける必要がありました。空港で検査ができるようになったことで、とても便利になりました。

    場所は金浦空港国際線ターミナル1階。検査にかかる費用は80,000ウォン(8000円強)です。営業時間はAM.9~PM.6まで。

    予約:金浦空港PCR検査センター

    釜山・金海空港でのPCR検査

    釜山・金浦空港では2022年6月にPCR検査センターがオープンしています。時間は午前7時から午後8時となっています。

    韓国の国際空港については以下のページをご覧ください。

    韓国の空港を地図ととも一挙ご紹介!国際空港は全8カ所!~ソウルや釜山、地方空港も勢ぞろい

    仁川空港・金浦空港のどちらを利用すればよいか、は以下の記事をご覧ください。

    金浦空港と仁川空港、ソウルの空港はどっちを使うのがイイ?移動と市内アクセス・PCR検査は?


    前のページに戻る

      

      このページの先頭へ