冬だからこそ湯気のある食べ物を!
 2014/01/16 改:2016/08/02 吉村剛史(トム・ハングル)

最近、ネタを探ろうとして写真をパソコンのなかから探し出すのですが、夏のキンキンに冷えたビールジョッキや水冷麺の透き通るようなスープを見たら寒くなって震えてしまいました。

やはり、冬は暖かいものを食べたい!ということで湯気のある食べものの写真を2枚だけ見ていきたいと思います。

●湯気のある風景はどんなものがある?

・温泉地からでる湯けむり
・寒い日に川から上がる白い蒸気
・マンドゥ(餃子)の蒸し器
・露店 
・鍋料理

ちなみに「湯気」は韓国語で김(キム)といいます。意識しない限りはあまり勉強して覚える単語でもない気がします。

●鴨の卵からふんわり湯気

いろいろ思いつきますが、まず最初は、鴨の卵です。韓国語で오리알(オリアル)といいます。

DSC_0310.jpg

ソウルの市場でも売られていることがありますが、私はとある地方の温泉地のようなところの売店で見ました。鶏卵よりも一回り大きいビックサイズ。下から湯気がふんわりと上がってきて、見るからにひとつ食べたくなってしまい、ついつい買ってしまいました。

●フグのスープ

韓国・釜山からバスで一時間半、南海岸沿いの慶尚南道・統営(トンヨン)。こちらは牡蠣(カキ)で有名な場所でもあり、あちこちで統営産のカキが売られています。一方でフグの店も多いのです。こちらは복국(ポックク)。フグのスープです。湯気がふわふわと立ち上っていますが、器にはたっぷりのフグが入っています。

DSC_0142.jpg

たった10,000ウォンという値段で、たっぷりのフグが入っていて食べごたえがあります。朝から営業している店が多く、朝食メニューでもあるのです。比較的冷え込んだ朝に、港近くの食堂に行って、湯気がふわふわあがったフグのスープを食べてみたら、一日のパワーが得られることでしょう。

たった2枚の写真でしたが、それぞれ冬にふさわしく、湯気のある食べものをご紹介しました。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ