日本とはどう違う!?韓国の屋台フード
 2014/01/15 改:2014/01/15 吉村剛史(トム・ハングル)

今回は日本でも見慣れた食べものがどう違うか!?ということ。今回紹介する両者はいずれも2000ウォンでした。というわけで、”2000ウォンの幸せ (2000원의 행복、イーチョノネヘンボク)”が、きょうのサブテーマにもなりましょうか。

●クンマンドゥ(군만두/焼き餃子)

日本の焼き餃子といえば、表面をカリカリに焼いて水を入れて蒸しますが、韓国の屋台では、両方の面をカリカリに焼いています。

「マンドゥ」は漢字で書くと「饅頭」。

初めてこの音の響きを聞いたときに、日本語からすると、なにか抜けているような、逆にかっこいいような、不思議な感じがしましたが、これも漢字語だということですね。

DSC_0036.jpg

もう一度いうと表面がカリカリというのが、日本の餃子とは異なる点ですね。実際、韓国でも日本の餃子のようなスタイルで売っている店もあります。

●タッコチ(닭꼬치、焼き鳥)

韓国の屋台で食べる焼き鳥は日本の小ぶりな焼き鳥とは異なり、大きく切ったものを串刺ししてあります。

DSC_0105.jpg

日本の焼き鳥の串よりも太く、もしかしたら三倍くらいあるかもしれません。見たことがあるという方はイメージしやすいでしょう。

タレは日本の醤油だれよりももっとトロトロした甘だれです。とにかく大きめなので、女性であればこれ一本でお腹いっぱいになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

<旅のワンポイント>
韓国で味わえる、日本とはちょっと異なる屋台フード。日本で食べられるからと、ただ通り過ぎるのはもったいない。見かけたらぜひ召し上がって見てください。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ