韓国ではSIMカードかWifiルーターのどちらを選ぶか?
 2019/11/19 改:2019/11/19 吉村剛史(トム・ハングル)

近年、韓国旅行の際にプリペイドSIMカードを使う人が増えてきたようです。しかし空港にてWifiルーターを借りるという選択肢もあります。

どちらにしてもメリット、デメリットがありますが、果たしてどちらを選ぶのが良いのでしょうか。まずは自身に合った方法を選びましょう。

プリペイドSIMのメリット

●インターネットは普段と同じように使える!
プリペイドSIMカードを使うことにより、普段使っている携帯電話を使いながら、日本にいるときとほぼ同じようにインターネット回線が使えるので、ストレスがありません。もちろんLINEなどデータ通信を利用しての通話も可能。

●充電するのはスマートフォンだけでよい
ポケットWifiのレンタルが不要になるので、スマートフォン以外に充電をしたり、他の機器を持ち歩く必要がありません。

プリペイドSIMのデメリット

●電話番号が変わるor電話が使えない
プリペイドSIMカードを使うと電話番号が変わってしまうため、普段の番号では電話が受けられなくなります。そして発信ができないSIMカードもあります。

●設定が必要になることがある
プリペイドSIMカードの仕様によっては、設定が必要になることがあります。ほとんどの場合は自動で接続されますが、SIMカードによっては設定が必要です。設定方法は添付用紙に書いてあったり、空港のカウンター購入する場合は教えてくれます。

●SIMカードの紛失
最も注意しなければならないことは、SIMカードの紛失。日本で使っていたSIMカードを一旦外すため、注意しておかないと無くしてしまう可能性があります。

Wifiルーターを使うメリット

●もとの番号で
仕事で電話がかかってくる方の場合は、プリペイドSIMカードの利用はおすすめできません。日本のSIMカードを抜いてしまうことにより、元の電話番号での着信ができなくなってしまいます。その場合は、今お手持ちの携帯電話で国際ローミングを利用されることをおすすめします。

●SIMカードの紛失リスク
SIMフリー携帯ではSIMカードの抜き差しをするため、SIMカードを紛失してしまうリスクがあります。SIMカードを紛失すると、通信会社によっても異なりますが、再発行手数料は3000円前後となります。

財布に入れたり、ケースに入れたりして、なくさないように保管しておきましょう。せっかく安いSIMカードを購入しても、紛失により思わぬ出費につながることになります。

SIMロックを解除できるかどうか?

スマートフォンでSIMカードを使用する場合は、SIMロックを解除する必要があります。

●キャリア携帯を使っている場合
ドコモ・au・ソフトバンクのスマートフォンを使っている方は、SIMロックがかかっているため、手続きをせずしてプリペイドSIMに入れ替えることができません。手続き方法はキャリアによって異なります。

韓国でSIMカード・格安プリペイドSIMを使うならどれがいい!?~おすすめの韓国SIMは?




  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ