ソウル駅の弁当コーナー、旅にも駅弁にもワクワク | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

ソウル駅の弁当コーナー、旅にも駅弁にもワクワク
 2015/02/04 改:2016/12/21 吉村剛史(トム・ハングル)

ソウルから地方への玄関口ソウル駅。3階からホームに降りるコンコースに、2013年夏ごろ日本の弁当チェーン「ほっともっと」がオープン。ここにはピンク色をモチーフにした弁当屋さんの店舗がこのスペースにずらりとならんでいます。韓国の新しい駅舎は、どこも似たようなデザインですが、店舗も同じ色に統一する、というのもなんとなく興味深いところ。

seoulst150204

写真は2015年1月に撮影したものですが、OPENしてからだいぶ定着した模様。お店には「注文から2分で出来ます」との文字が貼られており、乗車までに時間が迫っていても大丈夫そう。値段は4,500ウォンから10,000ウォンをこえるデラックス弁当までありました。

トム・ハングルの韓国旅行ひとこと
おなかがいっぱいだったり、お弁当を食べたい気分でなくても列車のなかでお菓子を食べたり、時にはビールを飲んだりするのも移動のちょっとした楽しみ。ソウル駅をはじめ、一定規模の駅には売店があることはもちろんですが、車内販売があったり、旧食堂車にあたるカフェカーが設けられていたりします。

seoulst-bento02

写真はCassの缶ビール1,900ウォン、おつまみにはイカの足。ちょっとおじさんっぽいですか!?最近の、低アルコール化の流れに逆行するようですが、これもちょっとした鉄道の旅の楽しみです。


記事に関連するエリア情報はこちら:ソウル駅・市庁ソウル


  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ






このページの先頭へ