ノスタルジックな浦項・日本家屋街
 2011/10/23 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

慶尚北道・浦項の九龍浦にある旧日本人家屋。日本の戦前の街並みが残っておりノスタルジックな雰囲気です。日本人が引き上げたあとは韓国人が住むようになりました。今では観光地のようになり、当時の街の地図や建物の写真パネルが民家の壁に取り付けられているので比較しながら見て歩くことができます。その一角では「カレーライス」とカタカナで書かれたのぼりを出した「古里」という喫茶店が営業しています。

DSCF3131


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ