順天湾・ムツゴロウのアート
 2010/10/30 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

世界5大沿岸湿地にも選ばれた全羅南道の順天湾。葦が一面に美しく広がり、天然記念物に指定されている鳥などがやってくる場所にもなっています。またムツゴロウが生息しており、近辺の食堂ではムツゴロウ(짱뚱어・チャントゥンオ)料理を食べることもできます。写真はムツゴロウの上にカニが片足立ちをしているアート。わざわざ2つをくっつけるところがシュールです。

mutsugorou14


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ