新大久保

新大久保(シンオオクボ)は、JR新大久保駅周辺エリア。新宿区百人町・大久保のエリアを指す。江戸時代は鉄砲隊の街、明治・大正期には文豪たちが暮らしていた。戦後、ロッテ新宿工場が設立され、2013年まで操業していたことから、この界隈には韓国料理を扱う飲食店が多く、コリアンタウンが形成された。

2010年のK-POPブームに伴い、ピーク時には数百店舗の韓国料理店があったが、東日本大震災以降、韓国人留学生が減少。2014年ごろからはベトナム料理店をはじめ、東南アジアの飲食店が増加した。最寄駅はJR新大久保駅、大久保駅および、都営地下鉄大江戸線・東京メトロ副都心線の東新宿駅。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2016年11月16日 改:2016年11月16日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ