ピーチの羽田深夜便&大韓航空深夜発で、ソウル弾丸&日帰りが可能に!~夜はどう過ごす?
 2016/07/09 吉村剛史(トム・ハングル)

2016年2月6日から、ピーチ航空が羽田―仁川間に新規就航。羽田深夜発着便です。これにより弾丸ツアーのほか、より効率的に日帰りが可能になったのです。しかし羽田には深夜到着。疲労がピークになることも予想されます。

haneda82

かつて羽田発の弾丸ツアーがあった。

2010年秋、羽田空港に国際線新ターミナルが開業。このころアシアナ航空のチャーター便で、羽田深夜発、仁川深夜発の週末弾丸ツアーがありました。有給いらずを謳ったツアーで1泊2日(厳密には1泊3日)でした。

ホテルがセットになっていましたが、価格も安く、休みのとりにくい人にとっては嬉しいツアーです。私も利用して、地方に出かけました。「羽田発、1泊3日で弾丸!韓国地方旅行」(2010/12/10)

haneda982

その後、このツアーは休止され、長らく弾丸でソウルを訪れることはできなくなってしまいましたが、今回のLCC、ピーチ航空が就航したことによって、再び弾丸が可能になった、というわけです。

もちろん過去の記事の通り、ソウルに遊びに行くのはもちろん、地方都市へ日帰りで訪れるのは、当時よりも交通の便が発達し、より楽になりました。

羽田―ピーチの路線は?

<ピーチ航空>
往路:羽田2:00-仁川4:20
復路:仁川22:50-羽田1:00

ピーチ航空

仁川空港に早朝到着!どう過ごす!?

仁川空港には朝4:20に到着。仁川空港発の空港鉄道始発は5:20発、列車に乗ればソウル駅まで約45~55分程度。ソウル駅に早く到着しても朝6時過ぎです。空港鉄道時刻表(仁川空港)

始発まで空港のロビーやカフェで時間をつぶすことは可能です。

しかし「ソウル市内に早く着いても行くところがない」「もう少し休息をとりたい」という方は、仁川空港の地下1階にあるサウナ(チムジルバン)を利用するのもよいでしょう。料金は朝6時までは20,000ウォン(約2,000円)。
Spa On Air(韓国観光公社)

当日十分に活動するためにも、少し休んでいくのも十分アリではないでしょうか。

仁川空港早朝発、深夜着にも便利なホテルの情報はこちらの記事を!

日中はそれぞれの時間を!ソウルはもちろん地方旅行も可能!

弾丸、日帰りで旅行する場合は、わずか1日。もちろん時間のある方は2日以上、韓国に滞在する方もいるはず。

seoulst231

ソウル駅に朝6時に到着し、夜20時まで旅を楽しめます。ソウル観光はもちろん、これなら高速鉄道KTXや高速バスに乗って地方に飛び出すことも可能!

春川、大田、全州、大邱くらいであれば、日帰りでもそこそこ楽しめると思います。ただし、帰りの時間には十分ご注意を。もちろんソウルにいても同じです。

空港でのチェックインは通常2時間前。22:50出発ですから、遅くても1時間半前の21時20分には仁川空港に到着したいところです。ソウル駅発20時出発の列車に乗れば、何とか間に合うはず。空港鉄道時刻表(ソウル駅)

羽田空港に深夜到着!果たしてどこに泊まる?

深夜1時に羽田空港に到着で、入国審査を終えると、終電はありません。タクシーや車で帰れる人は良いですが、多くの人は公共交通を利用できません。

翌日仕事があると寝ないわけにはいきません。そこで空港にとどまるか、どこか別の施設で泊まることになるわけです。

そこで今回、羽田周辺で泊まるための場所をご紹介します。

宿泊
料金
特徴
ファーストキャビン羽田ターミナル1(楽天) 5,000円~(税込) 空港第1ターミナル、大浴場・インターネット・充電可
天然温泉 平和島(Welcomeコース) 3,500円(税込) 館内着、リクライニング、ビルにドンキホーテ有り
羽田1時50分発バス・Web予約・館内充電不可・JR大森駅までバス(朝9時頃~)・徒歩

羽田空港周辺には「ファーストキャビン」以外にもホテルがありますが、東横インは深夜帯に送迎バスがありません。その他は値段が高めで、LCCを利用の場合は旅のお得感が薄れるので、おすすめはしません。

天然温泉平和島は、翌日午前中に出勤する場合、駅まで徒歩かタクシーを利用することになります。よって「ファーストキャビン」で夜を明かすのが最も無難といえそうです。

関連記事:羽田発の早朝便出発、大江戸温泉物語VS天然温泉 平和島or東横イン!



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ