韓国伝統家屋の美しい屋根~全州韓屋村
 2013/02/14 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

美しい韓屋(ハノク)の屋根が連なる、全州韓屋マウル。もともとは1930年代前後、日本の統治に反発して建てられたのが始まりです。丘の上から一帯を見渡すと瓦屋根の美しい風景がみられます。夕方、暗くなってから光が燈る街の姿も幻想的。街中には韓方文化センターや伝統酒博物館など見どころも多く、歩いて観光ができます。全州ピビンパやコンナムルクッパプ(豆もやしスープごはん)も有名。ソウルから高速バスで約3時間、近年KTXも開通し日帰り旅行にもおすすめの場所です。


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ