韓国伝統家屋の美しい屋根~全州韓屋村
 2013/02/14 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

美しい韓屋(ハノク)の屋根が連なる、全州韓屋マウル。もともとは1930年代前後、日本の統治に反発して建てられたのが始まりです。丘の上から一帯を見渡すと瓦屋根の美しい風景がみられます。夕方、暗くなってから光が燈る街の姿も幻想的。街中には韓方文化センターや伝統酒博物館など見どころも多く、歩いて観光ができます。全州ピビンパやコンナムルクッパプ(豆もやしスープごはん)も有名。ソウルから高速バスで約3時間、近年KTXも開通し日帰り旅行にもおすすめの場所です。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ


このページの先頭へ