延南洞(ヨンナムドン)は、弘大入口駅北側の町で、弘大エリアとは道路や駅を挟んで反対側に位置する。弘大周辺の繁華街とは異なる閑静な街で、住宅の合間にカフェやおしゃれな居酒屋や食堂があり、近年注目されつつあるエリア。弘大エリアの地価高騰、飽和状態などが理由で合井・上水などの周辺エリアと同様、こちらに移る動きがあると考えられている。