おもに老人をターゲットにした低価格の飲食店や居酒屋が数多く、チゲ類は2,000ウォン程度で、お酒もおつまみも仁寺洞の半分程度の値段から食べられる。裏手の雲泥洞(ウンニドン)には興宣大院君(フンソンデワングン)の私邸で、第26代朝鮮王の高宗が過ごした雲峴宮(ウニョングン)がある。