東廟・新設洞


東廟と新設洞は、地下鉄1号線東大門駅の東側に位置する。東廟前駅は鍾路区で、新設洞駅は東大門区である。東廟(トンミョ)は中国・三国時代の蜀漢の名将、関羽将軍を祀った霊廟である。豊臣秀吉の朝鮮出兵(壬辰倭乱)後に明の要請で建立された。東廟の前には東廟ピョルク市場というノミ市が立っており、古着やビンテージから中古オーディオ機器などあらゆるものが揃っている。

新設洞駅徒歩5分のところにあるソウル風物市場も、清渓川や東大門運動場の再開発に伴い移転してきたノミ市である。市場には一風変わったものが置かれており、見ているだけでも楽しくフリーマーケット気分が味わえる。近くには場外馬券場がある。

となりのエリア:東大門・東大門市場祭基洞

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年05月26日 改:2016年12月21日

  • 記事が気に入ったらシェア!
東廟・新設洞の記事
  • 韓国の蚤の市(フリーマーケット)を探索!~東廟&新設洞・ソウル風物市場
  • ┗レトロなもの、掘り出し物がここに勢ぞろい。東大門そして東廟。

    このページの先頭へ