北村韓屋村・北村八景



北村(プクチョン)は、ソウル地下鉄3号線の安国駅の北側で景福宮と昌徳宮にはさまれた地域。朝鮮時代には上級官吏たちが居住した地域で、現代でも韓国の伝統家屋、韓屋(ハノク)の趣を感じることができる。このエリアを総称して、北村韓屋村(プクチョンハノンマウル)という。

韓屋は新旧の建物が混在しており、その違いを確かめながら歩いてもよいだろう。韓屋を改造したカフェや飲食店や、伝統工芸品を製作する工房や体験施設も数多い。また、北村の美しい景観のベストスポットである「北村八景(プクチョンパルギョン)」も選定され、それらを巡るコースも設定されている。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年08月27日 改:2016年11月11日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ