水原



水原(スウォン)は京畿道中部の都市。京畿道の道庁所在地である。水原駅は地下鉄1号線でソウルから約1時間、韓国高速鉄道KTXでは約20分である。1794年に朝鮮第22代王の正祖により、築城された水原華城はユネスコ世界遺産に登録されている。城壁は5.7Kmに達し徒歩で一周すると約2時間半かかる。

水原華城の中心部に位置する水原華城博物館は華城に関する展示が行われている。通称「南門」とよばれ、ソウル・崇礼門(南大門)に模して造られた八達門(パルタルムン)は国宝402号に指定されている。門近くにある八達門市場は華城周辺の経済の発展のために、正祖の命で作られた市場で「王が作った市場」というスローガンが掲げられている。水原駅からは龍仁市の韓国民俗村や、華城市済扶島方面へのバスも運行されている。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年04月29日 改:2017年03月03日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ