利川

利川(イチョン)は京畿道南部にある市。利川米は朝鮮時代に王に献上したブランド米として知られ、利川米を使用した韓定食の店が多い。陶磁器は新屯面に多くの窯元が集まり、ここに利川陶芸村が形成されている。2年に1度「京畿世界陶磁ビエンナーレ」が開かれ、雪峰公園が利川会場となる。温泉地でもありバスターミナル周辺には入浴施設のほか、観光ホテルやスパもある。春には栢沙面で黄色く鮮やかな山茱萸(サンシュユ)の花が咲き、山茱萸祭りが開かれる。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年04月24日 改:2016年07月28日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ