統営(トンヨン)が「2016年今年の観光都市」に!
 2014/05/22 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

DSC_0400

今月(2014年5月)7日に韓国観光公社のホームページでも紹介された「2016年今年の観光都市」。そのひとつに慶尚南道・統営(トンヨン)が選ばれました。ほかに選ばれたのが忠清北道の堤川(チェチョン)、茂朱(ムジュ)です。2016年今年の観光都市(韓国観光公社)

統営は釜山の西部ターミナルからバスでおよそ1時間半。韓国のなかでも「東洋のナポリ」ともいわれて、景色が美しい港町のひとつ。閑麗水道ケーブルカーに乗って、弥勒山に登ると韓国の南海岸特有、リアス式海岸の絶景!これがほんとうに美しい!ぜひ一度訪れていただきたい都市です。

統営は海洋性気候で、比較的夏は涼しめで冬は暖かいといわれています。私はここを2度訪れ最初の時期は7月だったのですが、とても爽やかな風が流れてきてわりと過ごし安かったのを覚えています。他にも「海」の資源を存分に生かした観光スポットがあるので、時期をみて、また紹介したいです。

DSC_0143

おまけのもう一枚は昨年3月に訪れたときに食べた、「ポックク(복국)」とよばれる「フグ鍋」。これもまた肉厚でおいしい。旅客船ターミナルの近くに、朝食の時間帯から営業するふぐ料理店が並んでいます。フグ鍋は10,000ウォン。

たったの日本円にするとたったの千円で贅沢にもたっぷりのフグを入れてくれます。ここでは牡蠣も有名で、おかずには生牡蠣もついてきました。熱々で湯気が上がっているのをみるだけでも目が覚めてきそうです。

<韓国旅行ひとこと>
観光都市に選ばれた茂朱(ムジュ)は初夏にホタル祭りが開かれます。こちらはとっても小さな田舎町という印象でしたが、韓国の秘境を旅したい方にはなかなか良いかもしれません。大田(テジョン)からバスで40分ほどです。

そして、忠清北道の堤川(チェチョン)もちょっとマニアックな都市ですが、こちらは田舎というよりはわりと地方都市の雰囲気。韓国の三国時代からある貯水池、義林池(ウィリムジ)は静かな湖で、ちょっとしたテーマパークがあったりします。こちらはソウルの清凉里から鉄道で行くことができます。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ