韓国の海で食べたい貝焼き
 2014/05/20 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

DSC_0503

韓国の海で食べたいものといったら貝焼き。韓国語では「チョゲ=貝、クイ=焼き物」ということでチョゲグイ(조개구이)といいます。日本にいる韓国人のなかからも、ときどき聞こえてくるのが「韓国で貝焼き食べたい!」という声。

海辺に行くと食べ放題(무한리필)の看板が掲げられている店もあります。ホタテにサザエ、ハマグリ、カキなど種類もさまざま。貝が網のうえでぐつぐつというのを見ながらゆっくり待ちます。

アルミホイルに包まれた容器にはインスタントラーメンも。海の景色を見ながらゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

DSC_0518

<韓国旅行ひとこと>
レジャーに海を訪れてこうやって貝焼きを楽しむ、というのは韓国の人たちの夏の思い出の一つになっているのではないでしょうか。「刺身も一匹をまるごと、貝はたくさんの種類を」という「豪快さ」が韓国の海辺の楽しみだと私は思っています。

リゾート地はちょっと高めの傾向がありますが、食べ放題の場合1人前20000ウォン~30000ウォン。おかわりできない貝もあるので注意が必要です。

・もしひとり旅なら
このような食事はひとり旅には向きませんが、もし一人で海を訪れるなら水産市場に立ち寄り、刺身をさばいてもらって海を見ながら食べるのもおすすめです。

こういうとき、韓国のとある旅行作家の方は、旅している若い学生に声をかけて一緒に食べるそうです。昔、大人たちが同じようにしてくれたからだ、と話します。なんだか韓国らしいですね。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ