日本人の口にもあうケランパン | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

日本人の口にもあうケランパン
 2011/10/09 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

317079_292752047404503_1418807355_n[1]
屋台フードのひとつであるケランパン。大判焼きのなかに目玉焼きが入っています。日本は一人当たりの鶏卵の消費量が世界的にみても高水準。そんな卵好きである日本人の口にも合う手軽な食べ物です。ケランパンの歴史はまだ浅く、1997年のIMFショック後の不況下のなかで従来の屋台フードとの差別化を図るために生まれたとのことです。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ






このページの先頭へ