冷ラーメンの正体は?
 2011/09/17 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

20110919hc
釜山・西面にある日本風のラーメン店「札幌くま」。韓国人の友達に「冷ラーメン(냉라면)って日本にはあまりないでしょ?」と言葉巧みに(!?)誘われたのですが、食べてみるとスープは冷やし中華そのもの。でも何かが違う。紫キャベツがのっていて、錦糸卵がのっていない。緑色のものはピーマンかと思いきや青唐辛子。日本の冷やし中華ではなく「日式」の冷やし中華である。もちろん美味しいので日本の夏が恋しくなったらおすすめです。ちなみにこの店の姉妹店はくまのハンバーグ。


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ