ド派手!!韓国・結婚式の車 | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

ド派手!!韓国・結婚式の車
 2010/12/23 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

韓国に長く滞在された経験のある方は、
タイトルを見ただけでなんのことかお分かりかもしれません。
もしくはドラマをたくさん見ていらっしゃる方も!

日本と韓国は似ている部分も多い気がしますが、
韓国にあって、日本にないものというのが、この1つ。

★ド派手な装飾車、目の前に現る!

歩道を歩いていると突然現われたのが、
ピンクのリボンや風船をつけたこの車。

DSCF1894.jpg

なんだこれは?
と思いつつも、どこかで見たことあるような…
聞いたことあるような…。

DSCF1897.jpg

ちょっと先に進んで歩いてみると、
教会があり、その前にはたくさんの人が!
さらにウエディングホールのような建物があったのです。

「あ、わかった!結婚式だ!」
そこでようやくひらめきました。

DSCF1899.jpg

ちょっと変わったものが出てくると、やたらと嬉しくなってしまうが私。
「これはカメラに収めないともったいない!」
と思いつつも、何か言われるんじゃないかとおそるおそる撮ってきました。

しかし、このド派手な装飾の車を見ることができた私…
珍しいものを見たぞ!と、ちょっと有頂天な気分になっていたのです。

★韓国人に見せたのですが…

帰国後に「旅行の写真を見せて」といわれたので
日本にいる韓国人の友人に見せました。

「きっとこの車の写真を見たら、何か反応してくれるだろう」
と期待しながら、デジカメを渡したのですが…

なんとその写真を素通り・・・・・
ふつうに飛ばしてみてました。その時間はわずか0.03秒。

「ガーン・・・・・」

そんな期待は無残にも打ち砕かれました…。

韓国人にとってこの車は珍しいものでもなんでもなく、
どうやらふつうに見られる光景のようです。

★日本で見られる日も近い!?

聞いたところによると、
友人たちが新郎新婦のために飾り付けをするのだとのこと。

そして結婚式後にこの車に乗って
新婚旅行のために空港まで向かうのだそうです!

これだけの韓国ブーム。
韓国ドラマやアーティストがさらに身近なものになれば、
こんな車が日本に出現する日もそう遠くはないのかも。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ



このページの先頭へ