ファッション・ショッピング

韓国のファッションブランド
日本でもおなじみの海外SPAブランドのZARAやH&M、そして日本のユニクロなど、多数の企業が韓国に出店。特に2010年以降、これらのメーカーが勢いづいた。ソウルでは明洞のNOON SQUARE(ヌーンスクエア)をはじめとするファッションビル、カロスキル、COEXモールなどに相次いで店をオープンした。一方で、韓国初のSPAブランドも攻勢を見せている。

韓国のチープファッション
韓国では「ポセ(保税)」とよばれるノーブランドの衣料品が安価で購入できる。東大門ファッションタウンで卸売され、夜にバイヤーたちが買い求めて全国のショップで販売される。ソウル・東大門を通して流通するというシステムなのは特徴的だ。ソウルに限らず各地の地下商店街や学生街で売られている品は、東大門で仕入れたものであることが多い。

東大門は基本的に卸売街なのだが、観光ガイドブックに紹介されているDoota!(ドゥータ)、ミリオレ、ハローapmなどのファッションビルでは、これらのように小売されている商品を観光客が直接買い求めることもできる。Doota!のように値札表示を行っている店以外では、値段が付けられていないことも多いので、しっかり見極めて店員と直接交渉しよう。

ソウルのファッションスポット
●東大門市場(東大門ファッションタウン)
●明洞(ミョンドン)ストリート
●弘大(ホンデ)旧・駐車場通り
●梨大前ファッション通り
●狎鴎亭(アプクジョン)ロデオ通り
●江南駅地下ショッピングセンター
●GOTO MALL(江南高速ターミナル地下商店街)
●文井洞ロデオ通り

オーダーメイド・仕立て
●南大門メガネ商
●梨泰院皮革・カバン

釜山のショッピングスポット
●西面(ソミョン)
●釜山大学前
●釜慶大・慶星大前

参考文献・注
(※1)보세(ポセ、保税)Kpedia、ケイペディア)に詳しい。

韓国ファッション・おすすめ本
『ちょこ買いソウル』(おいしいしごと 著)
『るるぶ 秘密のソウル』(JTBパブリッシング)

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2015年01月25日 改:2016年08月18日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ