ソウル・タプコル公園前。木の葉のごとく無数の大極旗が木にくくりつけられており、車が激しく行き交う鍾路の歩道でパタパタと真冬の風になびきます。愛国心を象徴しているのでしょうか。それにしてもこのアイデアは斬新です。

DSCN0398