ソウル・タプコル公園前、愛国の旗 | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

ソウル・タプコル公園前、愛国の旗
 2012/01/13 改:2018/08/19 吉村剛史(トム・ハングル)

ソウル・タプコル公園前。木の葉のごとく無数の大極旗が木にくくりつけられており、車が激しく行き交う鍾路の歩道でパタパタと真冬の風になびきます。愛国心を象徴しているのでしょうか。それにしてもこのアイデアは斬新です。

DSCN0398



  • 記事が役に立ったらシェア!

K-POPも聞き放題!破格の3か月99円(税込)キャンペーン(~1/4)

トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、実際に自分の目で見聞きした韓国を伝えている。海外文化を伝える『海外ZINE』(トラベロコ)の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ






このページの先頭へ