新堂洞トッポギタウン

新堂洞トッポギ(신당동 떡볶이)タウンは、ソウル・新堂洞にあるトッポギ(떡뽁이、トッポッキ)通り。1950年代初頭にマ・ボンリム(마복림)おばあさんが、この場所でトッポギ屋台を出したことに始まったとされる。元々トッポギは宮中料理だったが、この地から間食へと変化したとされる。新堂洞トッポギはほかとは異なり、様々な具材をいれる。餅のほか、唐麺、揚げ餃子やゆで卵、インスタントラーメンなどを鍋のなかで辛く味付けした料理である。テーブルの上にあるコンロの上に鍋を置いて食べる。


前のページに戻る



このページの先頭へ