昌徳宮

    昌徳宮(チャンドックン)は、景福宮の離宮として1405年に建設され、文禄の役で景福宮が消失したあと正宮となった。


    前のページに戻る

      

      このページの先頭へ