韓国・江原道東海岸の『刺身街道・刺身ロード』構想
 2016/03/22 吉村剛史(トム・ハングル)

2016年3月22日のトークイベント『ハリアナコリア』の第5回、テーマ「道」のなかで、江原道の東海岸に続く国道のことを、トム・ハングル(吉村剛史)が「刺身街道」と勝手に命名したもの。実際のところ「浪漫街道」と呼ばれている。カレイ、イカ、ニシンなどの刺身がおいしい道、であるということから。冷汁の刺身であるムルフェ(물회)という料理で使われるものもある。東海岸の南のほうではズワイガニも水揚げされるため、慶尚北道・慶尚南道そして釜山まで延長してそう呼んでもよいかもしれない。

※公開日は発案し、発表した日の設定となっている。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ



このページの先頭へ