「るるぶ韓国・ソウル・釜山・済州島’15」
 2014/03/15 改:2014/03/15 吉村剛史(トム・ハングル)

3月5日に「るるぶ韓国・ソウル・釜山・済州島’15」が発売されました。「るるぶ」は改めて言うまでもなく、日本屈指の旅行ガイドブック。韓国現地にいるときも、この雑誌を持って旅行している日本人をたくさん見かけました。

コスメ、エンタメ、韓国料理など幅広いジャンルで、女性らしいスタイルの印象を受けますが、幅広い層に支持され誰にでも受けいられるようなスタイル。おみやげや料理、お店の写真があちこちに散りばめられていて、パラパラとめくっているだけでもウキウキしてきますよね♪

「るるぶ韓国・ソウル・釜山・済州島’15」(JTBパブリッシング)

☆今号の注目は!?

今回、表紙に大きな文字で、どかんと乗っているのは、「韓国通52人のマル秘クチコミ大全集」。韓国にゆかりのある芸能人、俳優をはじめ、コーディネーター、ジャーナリスト、ライターの方など、あらゆる人がおすすめのお店やスポットを紹介しています。

DSC_0817

そんななか私も「トム・ハングル」の名前で、ちゃっかり登場させていただいています!コメントしている52人のなかには
私が存じ上げている方のお名前も多く、ここで紹介したい気持ちも山々なのですが、詳しくは雑誌をお手にとってご覧いただけたらと思います。

☆トム・ハングルの視点

私が気になったのは、P.56の「厳選!プレミアムみやげ」というコーナー。今までも高級食材というのは紹介されてはいたと思うのですが、いつになく高価で、質の高さをウリにした食品が紹介されています。

日本円で、5000円相当する黒ゴマ油や、有機農栽培の雑穀、高級なパッケージに包まれた干しダラ、そして1500円ほどの瓶詰めテンジャン(韓国味噌)など、かなりの高価な品物が並んでいます。

DSC_0819

韓国では近年、健康志向の高まりから、有機農やオーガニック食材を扱う店が増えたように思います。以前は高級な品物といえば、デパ地下に行く、というのが自然な流れだったように思います。

私が韓国にいた2012年ごろにも、そのような店が話題となっていたようで、今回「るるぶ」で取り上げられているお店もその頃のオープンなのです。

環境にやさしいという意味で「親環境(친환경、チヌァンギョン)」有機栽培という意味で、「有機農(유기농、ユギノン)」という言葉がキーワードになっています。おみやげとしても高級といえば高麗人参、贈答用の韓菓、お茶くらいのものでしたが、これが徐々に変わりつつあるのではないでしょうか。

☆トム・ハングルがおすすめする本のメリット

今回紹介した「るるぶ」の雑誌は、今週水曜日ごろに私の家に届いたのですが、その宛名を見ると・・・

「東京都○○市○○・・・」
「吉村トム 様」

DSC_0816

実は配達の方も戸惑ったようです。たまたま家族が玄関先にいたので、確認して受け取ったそうですが

「よしむらトム さま・・・」

なんとこれで届くとは!いや、ちゃんと届くんです!本名を書いていないわけではないので、担当の方の遊び心でしょう!
そんな「るるぶ韓国・ソウル・釜山・済州島’15」は、現在発売中です。多くの人に受け入れられる雑誌だからこそ、わずか1000円弱という値段で楽しめる質の高い韓国旅行ガイドブック!

「るるぶ」をぜひご覧ください♪


るるぶ韓国・ソウル・釜山・済州島’15 (るるぶ情報版海外 998円 2014.3)

<評価表>※評価は主観的なものです。

お役立ち度   ★★★★★
マニアック度  ★★☆☆☆
ビジュアル度  ★★★★★
リアル度    ★★★★★
オモシロ度   ★★★★☆



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、平昌オリンピック開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿中。プロフィール・お問い合わせ


このページの先頭へ