2017年の旧正月(ソルラル)はいつ?旅行しても大丈夫!?
 2017/01/23 吉村剛史(トム・ハングル)

2017年の韓国の旧正月(설날)は1月28日(土)です。振替休日が適用され、1月27日(金)~1月30日(月)の4連休となります。

韓国の旧正月と韓国語

韓国でも日本と同じく太陽暦を使いますが、あらゆる年中行事では旧暦を使っています。旧暦の8月15日は秋夕(チュソク、추석)といい、旧暦の1月1日の旧正月を구정(クジョン、舊正)、または설(ソル)、설날(ソルラル)といいます。

これらの伝統行事を総称して、「名節(명절、ミョンジョル)」といいます。

DSCN0333
<凧あげの様子>

秋夕は旧正月の時期に旅行するってどうなの?

旧正月や秋夕の日、街を歩いていると、日本人旅行客を見かけることがあります。

これは旧正月というのを知っていて旅行されているのか、もしや知らずに来てしまったのか?と思うことがあります。

秋夕や旧正月はその当日と前後がお休みになり3連休です。多くのデパート、飲食店、商店が休業しているため、旅行を存分に楽しむ、ということは難しくなります。(名節の当日だけ休む、という店もあります)

旧正月当日に営業しているのは、24時間営業のチェーン店かコンビニくらい。

明洞(ミョンドン)の繁華街のようなところでは、開店している店も増えてきたようですが、「自分が行きたい店」にいける確率はぐっと低くなるでしょう。

●帰省ラッシュも同時に起こる

ソル連休の初日、旧暦12月末日(場合によってはその前日の夕方)に帰省ラッシュが始まり、みな故郷に帰ります。そのため高速道路では大渋滞が起こり、列車のきっぷはすべて売り切れます。立席なら乗車できることもあります。

写真は韓国の大動脈ともいえる、京釜高速道路です。ソウルと釜山を結びます。

231
<中国人の友人が撮影-青い線の内側がバス専用レーン>

京釜高速道路にはバス専用レーンがあり、なんと青い線の内側はバスしか走れません。そのためバスは比較的スイスイと渋滞を回避できるのですが、名節のときは割り込む車があるのか、交通量が多いのか、結局は長時間かかってしまうのは必至です。

やはり名節の時には、あまり旅行しないのが良いのだろうと思います。

●それでも名節に韓国に来てしまったら?

名節の時期に韓国に来てしまった場合には、もう楽しむしかありません。韓国各地にある国立博物館では、ソルを祝うイベントが行われます。

ソウルでは景福宮などの故宮が入場無料となります。Nソウルタワーや63ビルディング、ロッテワールドなどは
営業しているのでご安心を。

また忠武路駅近くの南山ゴル韓屋村や、龍仁市にある韓国民族村などでも旧正月の行事が開かれるので、これを機会に韓国の文化を体験するというのもよいですね。

休業情報などは韓国観光公社のページにて。旧正月直前に発表されるので、そちらもご覧になってください。

※2014年1月18日の記事を、再編集したものです。



  • 記事が役に立ったらシェア!
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ