モーテルに泊まってみよう | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

モーテルに泊まってみよう
 2010/08/22 改:2019/08/03 吉村剛史(トム・ハングル)

日本でモーテルといえば、”ラブホ”というイメージがありますが、
韓国では男2人で宿泊するのもふつうのことだとか。

ただ、語源は”Moter Hotel”で、
車で移動する人のための宿泊施設ですから、
その意味では日本が特殊なのかもしれません。

DSCF0858.jpg
光州駅周辺で

このブログのメインテーマである”おひとりさま旅”では、
モーテルは重宝する施設でもあります。

ふらっと地方に繰り出しても泊まるところには困りません。
日本でいう逆さクラゲの温泉マークは모텔(モーテル)のしるし。
バスターミナル、駅、港周辺にはモーテルが点在しています。

最大のメリットは何といってもホテルに比べて値段が安い!
30000ウォン~40000ウォン程度で泊まれます。

モーテルにもよりますが、部屋もそこそこきれいだったりします。
けれども時にはちょっと清掃が行き届いてないところも…。
そこは少し目をつぶれば問題ない程度でしょう。

しかし、日本人から見て最大の難点は何といっても入りにくさ。
お城の形をしていて、駐車場に目隠しがされていれば
見た目は完全に”ラブホ”です。

DSCF0860.jpg
お城の形をしています(光州駅周辺で)

DSCF1094.jpg
ネオンに輝く晋州・南河沿いのモーテル街

内装もさまざまですが、なかにはどちらにも利用できそうなところも。
このモーテルではシャワールームが花柄でドアが透明!
部屋もきれいなのでおすすめ。楽天トラベルで評価が高いです。

18348948_478494691_1large[1]
ソウル・鍾路5街のアミガモーテル

どのモーテルも値段にしてはアメニティが充実。
冷水機があり、冷蔵庫にジュースなどがサービスで入っていたり…。
なかには無線LANが使えるところもあったりします。

冬はとっても暖かい。
オンドルといわれる床暖房でぽっかぽか。
なんとベッドにも暖房が!

DSCF0478.jpg
全羅北道・高敞バスターミナル周辺のモーテル

日本人からするとちょっと敬遠しようか、と思う”ラブホ風”のモーテル。
最初は入りづらいかもしれませんが、慣れてくると結構心地よいです!
ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。



dTVチャンネル


  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→
 


このページの先頭へ