韓国行き航空機MERSで減便、済州便は観光客減で。
 2015/06/25 吉村剛史(トム・ハングル)

韓国行きの航空機が、MERS(マーズ)のために減便、というニュースが相次いで発表されています。東京(羽田、成田)~ソウルの主要路線をはじめ、地方空港の路線も運休が決まっています。一方、済州便は観光客減により、日本便を秋から完全運休することを決めています。

成田、羽田および地方空港の韓国路線減便・休止相次ぐ

大韓航空およびアシアナ航空は、東京~ソウルの減便、および地方空港~仁川路線の運行休止などを決めています。MERS(マーズ)による観光客減から大幅な運行削減が行われており、韓国を訪れようとしている方やすでに予約が済んでいる方はご注意ください。

減便の詳細を詳しく知りたい方は、交通メディアTraicy(トライシー)が報じておりますので、そちらをご覧ください。参考:大韓航空の減便、運休アシアナ航空の減便、運休(Traicy)

済州路線は冬ダイヤ運休へ

一方、日本からの済州路線は、10月末の冬ダイヤへの改正から完全に運休になります。現在、大韓航空が成田および大阪からの済州便を運航していますが、日本からの観光客減の影響で休止されます。参考:聯合ニュース

MERS(マーズ)の影響および、済州島への観光客減による減便の状況をお伝えしました。特にMERS(マーズ)の件は、不可抗力によるもので、どうしようもありませんが、とにかく収束を祈るしかありません。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ