MERSの影響で韓国行き航空券価格下落気味!?
 2015/06/12 吉村剛史(トム・ハングル)

韓国で流行中のMERS(マーズ)、中東呼吸器症候群の影響で航空券やツアー価格が下落気味の模様です。そして2015年6月12日現在、連日MARS(マーズ)のニュースが続いています。

現地に訪れた方や、現地に住んでいる人の情報をざっと見ますと、街中でマスクをしている人はメディアで伝えられているほど多くはない模様です。

また韓国国内ではイベントの中止や延期が伝えられている状況でもあります。参考:MEASでイベント中止・延期(6月8日・拙著)

ただし、訪れる際には体調管理を万全にしておくことが重要かと思います。もし体調がすぐれなければ、キャンセルをするという選択肢もありかもしれません。

しかしこのような報道がされているなかでも韓国旅行を楽しみたい、という方にとっては、ある意味安く行けるチャンスなのかもしれません。世の中に絶対はありません。どこにいても安全かはわからない、というのは事実。

こういった記事を記すのも悩ましい状況ではありましたが、本記事では今メディアで取り上げられている情報を紹介しつつ、航空券の情報もお伝えしたいと思います。

DSC_0324
写真はイメージです。

香港では全ツアーキャンセルも

香港では韓国への団体ツアーを全てキャンセルするという動きも出ています。6月10日の中央日報の記事によると、香港政府は韓国への渡航に3段階中2番目の警戒度となる「紅」を発令したと伝えています。情報元:中央日報

またロシア政府も韓国への渡航を自粛するよう国民に呼びかけています。情報元:NHKオンライン

このように韓国への渡航を自粛するような警戒を出している国もあります。6月12日現在、日本では旅行の自粛を呼び掛けてはいませんが、今後の状況次第ではそのようなことがないとは言えないでしょう。

今回の件に限りませんが、出発前には外務省の渡航情報をチェックしておくことも重要といえるでしょう。参考:外務省海外安全ホームぺージ(韓国)

プラスに考えれば・・・

ちなみに韓国の人口は約5,000万人います。全体的な感染者数だけみれば、まだ微々たるものとも言えるかもしれません。残念ながら死者も出ている状況で「旅行なんて」と考える方もいるでしょう。

けれどもピンチはチャンス、とでもいえるのか、このような状況だけあって、航空機も若干安くなっているように思います。通常であれば、週末直前に飛行機のチケットを購入した場合、東京-ソウルの往復航空券で条件のよいものは、4万円台、5万円台というものも出てきます。

今週、週末直前になって、Skyscanner(スカイスキャナー)を使って調べてみたところ、土曜日東京午前発、日曜日ソウル夕刻発の航空券で約3万円の航空券がまだ残っています。正確に比較できるわけではありませんが、なんと1万円以上安くなっているのです。

くれぐれも健康には留意して、安全なご旅行を。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ