江原道でメミルジョンピョン
 2014/02/21 改:2018/02/07 吉村剛史(トム・ハングル)

DSCF6130

韓国の津々浦々を歩いていると、いろいろとつまみ食いしたくなることがあります。そんななかでも、見つけたら必ず食べたくなるものといえば、メミルジョンピョン(メミルチョンビョン)です。

チヂミのようにソバ粉で生地を大きめに、薄く焼き、春雨やキムチなどを混ぜ合わせた具を生地に包んでくるっと巻きます。

他の地域では郷土飲食店以外でほとんど目にすることはなく、江原道の市場や観光地の屋台でちらほら見かけます。温められたホカホカのまま食べれば、刻んだキムチもシャキシャキしてみずみずしさでいっぱいに。

ソバ粉の生地の薄皮と比べると、具材のジューシー感が増します。とてもヘルシーで美味しいのでおすすめの逸品。江原道の市場に出かけたら一度、ぜひ召し上がってみてください。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ



このページの先頭へ