韓流スターの出身地でめぐる韓国地方旅~慶尚南道・晋州編 | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

韓流スターの出身地でめぐる韓国地方旅~慶尚南道・晋州編
 2013/10/20 改:2016/10/04 吉村剛史(トム・ハングル)

タイトルを見て、「うん?」とクリックしてしまった方も
いらっしゃるかと思うのですが、決して釣り記事ではありません。

まず韓国には「慶尚道サナイ(경상도 사나이)」という言葉があります。
日本の「九州男児」というような言葉で、ぶっきらぼうで無愛想だけれども
男らしい、そんな印象だそうです。

晋州南江流灯祭り、韓国地方料理としての晋州、
と続々と記事をアップしましたが、その晋州も慶尚道(キョンサンド)
なかでも慶尚南道(キョンサンナムド)といわれる地域です。

・晋州のイケメン

そんな慶尚道サナイのイメージとはちょっと異なりますが、
晋州(チンジュ)出身で、日本で最も有名な芸能人、といえば
2006年から日本で活動している「キム・ジョンフン」です。


(写真出典:Amazon.jp)

ソウルに住む日本人留学生も、「慶尚道ってどこ?」という人も多いのですが
好きな芸能人や好きな食べ物にタグ付けしていく、と韓国への興味の幅が広がるかも!?

・晋州のカワイイを探しに!

さて晋州は人口33万人。釜山から西にバスで1時間半の地方都市。
釜山からのちょっとした旅行にも最適な場所です。

2013年2月、私は友人のお兄さんの車に乗せてもらうことになったのです。
そこで向かったのは、晋陽湖(チニャンホ)。市民の憩いの場となっています。
このほとりに小さな動物園があるのですが、そこに連れて行ってもらうことにしました。

DSC_0100_20131019210957408.jpg

実際は車でなくても、市内からバスで20分ほどで行けます。
本数もかなり多いので、晋州に行ったときには立ち寄ってみてください。
ここは、南江をせき止めて作った人口湖なのです。

DSC_0098.jpg

上の写真は動物園の入口です。入場料は1人1000ウォン。
お客さんの層は多くが子供連れでしたけれど、
昼間から男二人で行くのは私たちくらいでしょうか。

ひとりで来ている女性もいたので、
動物に癒しを求めにきているのか、何かの研究なのかわかりませんが
ともかく市民が週末に訪れる小さな動物園なのでしょう。

DSC_0053.jpg

さて、こちらは虎ですね。
昼下がりなのでお昼寝をしています。
上から見下ろせるのですが、寝ているからといって石を投げませんように。

DSC_0068.jpg

こちらの写真はニホンザル。いっしょに行った友達のおにいさんは
前回来たときに「独島(竹島)はどこの国のものだ?」
とニホンサルに尋ねたらしいですが、答えは返ってこなかったそうです。

そのかわりその日は凶暴化していて、
観覧客にすごく怖い顔をしていた写真を見せてもらいました。
この日は大人しかったです。

DSC_0045.jpg

こちらはうさぎちゃんです。かわいいですね。
園内には動物に触れられるスペースもありました。

さて、この下の動物はなんでしょう?
立ってこちらを見ているようですが、名前はわかりません。
どなたか教えてください。

追記 2013/10/23 23:20
ブログの読者の方の数名から
この動物は「ミーアキャット」ではないか、
という情報をいただきました。ありがとうございました。

DSC_0042.jpg

そしてこちらの写真は動物園の大きな目玉の一つです。
韓国の固有種である珍島犬と、猛獣が一緒に暮らしている様子が見られます。

この猛獣は「スニ(순이)」という名前の
レオポン(ヒョウの雄とライオン雌のあいだの雑種)。

DSC_0087_201310192109556d1.jpg

幼いころに飼育員が飼っていたために
やさしい性格になったそうで、犬といっしょに住んでいます。
しかしこの犬、なんだか覇気がない。高齢なんでしょうかね。

・最後に晋州出身の有名人をもう一度

・カン・ホドン

(写真出典:Amazon.jp)

旅行バラエティ番組「1泊2日」に出ていた
お笑いタレント・司会者のカン・ホドン。左から3番目。
学生時代は馬山で過ごしたそうですが、生まれは晋州だそうです。

「カン・ホドン ペクチョン」という
全国展開の焼肉店をプロデュースしていることでも有名。

・コ・アラ(Ara)

(写真出典:Amazon.jp)

コ・アラ(Ara)は日本の芸名では「Ara」という名前で活動。
日本映画の「蒼き狼~地果て海尽きるまで」という映画にも出演しました。
コ・アラも晋州出身です。

韓国語でいうと「キレイ」にあたるイェップダ(예쁘다)でしょうけど
日本語でいうと「カワイイ」にあたる女優さんでしょうね。

・キャラクターもカワイイ!?

DSC_0008 - コピー

さて最後に、晋州市のキャラクター「論介(ノンゲ)」の写真です。「論介」という女性は、文禄の役のときに酔った日本の武将を抱いて川に落とし込んだ、というキーセン(妓生)です。

キャラクターもなかなかカワイイですね!!!

というわけで、晋州のカワイイ、カッコイイ(イケメン)を集めてみました!



  • 記事が役に立ったらシェア!
  • 【11/4迄 期間限定セール】オプショナルツアー販売のkkdayでは韓国商品5%off実施中(SIM・Wifi、交通切符、入場料は除く)。現地での韓服体験・スタジオ写真などをお得に。2018年中の日程のみ適用。クーポンコード:KRSUKI(大文字)を控え、kkdayでお申込を!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ






このページの先頭へ